前衛的な作風

21 の用例 (0.00 秒)
  • 前衛的な作風で知られるが、児童にもわかりやすい童画でも知られる。
  • 作曲活動も行っておりその前衛的な作風に注目が集まっている。
  • 前衛的な作風の多い安部文学の中では異色の歴史小説である。
  • しかし自動供述のような、または前衛的な作風から長年文学界での評価は二分している。
  • デビュー時は前衛的な作風によって著名であり、ブルーノ・マデルナが絶賛した。
  • 前衛的な作風が特徴で、イデオロギー的であったり、性的タブーに挑戦するかのような作品が多いのと同時に、映像の美しさの評価も高い。
  • 自由で前衛的な作風を特徴とする。
  • 前衛的な作風で知られ、生涯におよそ200曲のタンゴと100あまりの室内楽曲を残した。
  • 基本的には、造形的・前衛的な作風を特徴とし、戦前の新興写真・前衛写真の正統な後継者・承継者の1人とも言える。
  • 現代トルコを代表する小説家であり、故郷の町イスタンブルを舞台に、トルコの西欧化の問題をポストモダニズムとも言われる前衛的な作風で描くことで知られる。
  • 前衛的な作風に転換した時期にはすでに50歳近くになっていたが、それ以後も12音技法からトータル・セリエリズム、不確定性の音楽などを次々と採りいれ、作風は常に進化し続けた。
  • とくに後者のベルクに関しては、当時台頭しつつあった前衛的な作風にその志向を持ち、彼に師事することを考え、弟子入りを志願していたという。
  • それまでのシュトラウスの前衛的な作風に好意を示していた批評家や作曲家たちからは、本作は「時代遅れ」で「大衆迎合的」だと批判されたが、聴衆の支持は絶大で、今日ではシュトラウスの代表作と見なされているばかりか、ドイツ圏の主要歌劇場や音楽祭において最も重要なレパートリーの一つに数えられる。
  • シェーンベルクやベルクと並んで新ウィーン楽派の中核メンバーであり、なおかつ20世紀前半の作曲家として最も前衛的な作風を展開した。
  • 前衛的な作風ではないものの、終始音楽に悲劇的な重さが付きまとう音楽で、自身のイニシャルをドイツ音名にした「DSCH」の音列も頻出する、自伝的な作品である。
  • 戦後にはサルトルの序文を付した第二作『見知らぬ男の肖像』が刊行されて注目を浴び、その前衛的な作風によってヌーヴォー・ロマンの先駆者となる。
  • それらの音楽活動を通じて単なるジャズ・ギタリストにとどまらず、様々なエフェクト技術・ループ奏法・サンプリングを試みた前衛的な作風を開花させ、その才能はジャズの世界にとどまらずむしろロックミュージックの世界で注目されるようになる。
  • 最後期のザ・ムーブは、初期のビートバンド然としたサウンドの面影はほとんどなく、ポップでありながら前衛的な作風を展開し、ELOへと移行する重要な足がかりとなった。
  • また、60代を過ぎた1960年代半ば以降は、透明で熟達した技法の深化やと共に、十二音技法やトーン・クラスターなど、前衛的な作風へのアプローチを再び試みるなど、死の直前まで意欲的に作曲を続けた。
  • 初期の作風はアレクサンドル・スクリャービンの影響を受けていたが、後に前衛的な作風となり、アレクサンドル・モソロフ、アナトーリー・アレクサンドロフ、ニコライ・ロスラヴェッツらとともにロシア・アヴァンギャルドを形成した。