前衛画家

18 の用例 (0.00 秒)
  • 灰色を基調にしたモザイク状の都市迷彩で、前衛画家の作品のようだった。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • 下郷 羊雄は、名古屋市で活躍した、日本の前衛画家、写真家である。
  • 主人公が前衛画家で、主人公のアトリエを見るのが目的で恵理につき合った記憶だけは残っている。 新津きよみ『招待客』より引用
  • 前衛画家は菓子を食べてはいけないのだ。 池田満寿夫『尻出し天使』より引用
  • 大阪には影丸という、まるで忍者のような名前の、はえ抜きの前衛画家のリーダーがいる。 池田満寿夫『尻出し天使』より引用
  • この年彼女はムルナウに家を購入、翌年以降彼女は毎夏数ヶ月をここでカンディンスキーとともに過ごし、たくさんのミュンヘン前衛画家を迎えた。
  • また、随筆『キュビストの画家たち』は、多くの前衛画家の存在と価値とを世に知らしめた。
  • その幸運をもたらしたのは、芸術活動を共にした、前衛画家で歯科医師、大学経営者である中原實であった。
  • より後期の前衛画家に位置するゴッホ、ロートレックらもフェルナン・コルモンの弟子として基礎的な技術・知識を習得しており、さらにはアンリ・マティスまでそうした教育を受けている。
  • 前衛画家としての立場から彼は新手法の紹介には熱心で、コラージュやデカルコマニーやフロッタージュなど、たえずなにか新奇な実験をやって話題を投げていた。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ユスティ以後ナショナル・ギャラリーの館長は次々に代わったが、館長たちは表現主義者をドイツ民族の芸術の系譜に位置づけるような展示方法や講演などによって民族主義者から近代美術を弁護し、あるいは目立つ前衛画家の作品を少しずつ収蔵庫にしまいながら表現主義や海外作家らの展示を続けていた。
  • この第二回展は、ミュンヘン在住の画家たちの作品のほかに、遠くパリからもピカソ、ブラック、ルオーら当時の前衛画家たちの絵が寄せられ、近代絵画国際展の観があったが、この展覧会に対する新聞や雑誌、大衆の評判は惨憺たるものであった。
  • 最初に口にしたときは、まだ隈暈という言葉が入っていなかったこの描法について、小高根二郎氏は、アメリカの前衛画家ポロックが、戦後に創案したドリッピングの先駆であるとして、ポロックと志功の多くの共通点を指摘している。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • しかしこうした前衛絵画の黄金期が過ぎ去り始めた1950年・60年代以降、かつて前衛画家やその先駆者達が批判したアカデミー教育と同じ「権威主義」と化した前衛絵画運動への批判が展開され始めた。
  • 「青騎士」は、ロシア出身の画家で抽象絵画の創始者の一人であるワシリー・カンディンスキーと、ミュンヘン出身のフランツ・マルクを中心にミュンヘンで活動した前衛画家のグループである。
  • 前衛画家として初めて紫綬褒章を受章した。
  • 客の前で佃煮つくだにはかるおやじも、心の底をかすめる不安をし殺しながら手形を切る社長も、まくしたてるセールスマンも、奇妙な首飾りをぶらさげた前衛画家も、結局はみんな蛍光灯の檻の中を歩きまわる奴隷だ。 半村良『石の血脈』より引用
  • 同じ頃、ジャック・ヴィヨン、フランシス・ピカビア、ジャン・メッツァンジェらが参加していたセクシオン・ドールという前衛画家グループに加わり、1912年にボエシー画廊で開催されたセクシオン・ドールのグループ展にも参加している。