前衛派

16 の用例 (0.00 秒)
  • 児童画の前衛派の主将として彼は選ばれているのだった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • この象徴性の高まりこそ、前衛派の芸術運動を可能ならしめたものにほかならない。 サリンジャー/鈴木武樹訳『フラニーとズーイ』より引用
  • アストル・ピアソラと並んで前衛派と言われることが多い。
  • そのときの驚きは筒井康隆が日本の作家とは思えなかったことで、なんだかこうチェコあたりの前衛派亡命作家みたいな感じがしたのだった。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 1) 家族八景』より引用
  • 詩作や批評の活動も継続、前衛派詩人の代表的な存在としてブラジル文学界で知られ、また政府部内でも抜擢されて文化振興活動に取り組んだ。
  • その頃、フランスの前衛派たちがキュビズムから次第に離れていっても、フィラはそれに忠実であった。
  • しかし彼は師匠の影響から前衛派の作曲家であり、映画音楽においても十二音階などの現代音楽的な技巧を駆使することが多く、特にSF映画の音楽で腕をふるってきた。
  • イタリア文学史上では「新前衛派」に属する。
  • この頃、井上有一の作品に出会ったことで、京都で結成された書の前衛派による墨人会に興味をもち、修学旅行で京都を訪れた際、墨人会のリーダーであった森田子龍を訊ねている。
  • 日本の書道界における前衛派の先駆けである。
  • 中でも六〇年代末の前衛派の追求と、まったく未開拓だったヨーロッパジャズへの着目は、日本のリスナーを強烈な刺激で目ざめさせたといえる。 松平維秋『松平維秋の仕事』より引用
  • 前衛派詩人で皮肉屋の作家ボリス・ヴィアンは2CVを「回る異状」と評した。
  • もちろん、こういう上昇志向を鼻で笑うアンチ・モードのためにもあることは、元祖パンクのヴィヴィアン・ウェストウッドや日本の「前衛派」デザイナーがもっともよく示したことである。 鷲田清一『てつがくを着て、まちを歩こう ―ファッション考現学』より引用
  • で、当時の前衛派もいま聴くとつまらない。 松平維秋『松平維秋の仕事』より引用
  • 松本の反論が掲載された「みづゑ」四月号の出たのが三月末、翌四月には、わがくににおける超現実主義の中心的画家と目されていた福沢一郎が、詩人の滝口修造とともに過激思想、共産主義者の嫌疑で、警察に連行留置されて、いっそう前衛派の美術家たちを戦慄させた。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • やがて、ダダイスム、シュルレアリスムなど、前衛派の先駆アポリネールを知って、ようやく当代詩に近づき、原作者の同時代人として賞味する幸せを得たとおっしゃる。 関容子『日本の鶯堀内大學聞書き』より引用