前衛映画

26 の用例 (0.00 秒)
  • そうしてしかも現在の大衆にはわかりにくい象徴的な前衛映画である。 寺田寅彦『俳諧瑣談』より引用
  • まず、その前衛劇、前衛映画そのものが変わらなかったと言ってよいだろう。 小田実『何でも見てやろう』より引用
  • 下手な前衛映画を観るくらいなら、こちらのほうが数倍お得です。 嶽本野ばら『それいぬ 正しい乙女になるために』より引用
  • 映画を演劇や文学から解放して映画的な映画の天地を開拓しようとして起こされたいろいろの運動の試みがいわゆる前衛映画である。 寺田寅彦『映画芸術』より引用
  • トーキー出現までの1920年代映画を特徴づける前衛映画の先駆であった。
  • それ以前の映画出演としては、1969年の前衛映画にパントマイムとして出演している。
  • 将来もしもここで言うような連句的な前衛映画が培養され発育しうる土地があるとすれば、それはおそらくわが日本のほかにはないであろうと思われる。 寺田寅彦『映画芸術』より引用
  • 多くの作品がダンスミュージックとしても高く評価されている他、前衛映画の製作も務めるなど、多彩な才能を持っていることでも有名である。
  • つげ義春や前衛映画に影響されたシュールで不条理なギャグ漫画を描くようになる。
  • こういった新作や初期作品が、レルビエをフランス前衛映画のリーダーのなかで正当なものにしていった。
  • そしてやがてそれらはポスターからファッション等へと広がっていき、当時、西海岸で盛んであった前衛映画にも大きな影響を与えた。
  • 加藤は「素描」という同人雑誌に加わっており、前衛映画風のシナリオや小説などを書いていたが、その雑誌の仲間が私のクラスにもいたので、なんとなく噂はきいていた。 芥川比呂志『決められた以外のせりふ』より引用
  • 父親はポーランド出身の前衛映画監督タッド・ダニエレブスキーで、妹に歌手で作詞家のPoeがいる。
  • 純粋映画()は、1920年代から1930年代にかけてのフランス・パリに生まれた前衛映画運動である。
  • もともと一種の前衛映画なので商業ベースに乗るはずもなく幸二とヤギさんは何度か知りあいを通じて大手の映画会社に持ち込んでも見たが、とうとう買い手はつかなかった。 青島幸男『極楽トンボ』より引用
  • タイトルは寺山修司監督の前衛映画『トマトケチャップ皇帝』からとられている。
  • フランス1920年代 - 1930年代の前衛映画運動については「純粋映画」を参照のこと。
  • そうなっていれば、もちろんもうローフトなんかに住んではいないで、ゴーカなアパートでも借りていただろうが、そして、それで、すべてはオシマイになっていただろうが、幸いなことに、彼のつくっているのは前衛劇や前衛映画の音楽であって、したがって彼にはさして金が入らず、したがって、オシマイにはなっていなかった。 小田実『何でも見てやろう』より引用
  • もちろん営利を主とする会社の営業方針に縛られた映画人に前衛映画のような高踏的な製作をしいるのは無理であろうが、その縛繩ばくじょうの許す自由の範囲内でせめてスターンバーグや、ルービッチや、ルネ・クレールの程度においてオリジナルな日本映画を作ることができないはずはない。 寺田寅彦『映画芸術』より引用
  • 日本では1960年代ごろから、前衛美術や前衛芸術、前衛映画や演劇、暗黒舞踏などが登場した。
  • 次へ »