前衛写真

19 の用例 (0.00 秒)
  • 芸術写真からはじまり、花和銀吾などの影響を受け、前衛写真にいたる。
  • このギャラリーでは前衛写真の展示会のみが開かれてきたため、この時が初めてのイラストの展示会となったのである。
  • 前衛写真とは、一般的に、前衛的な写真のことである。
  • 太平洋戦争の開始とそれに伴う写真表現に対する強力な統制に伴い、この時期の前衛写真は極めて短命に終わった。
  • 瀧口修造が主催した「前衛写真協会」の創立からの重要なメンバーの1人であった。
  • この傾向については前衛写真への近接性があり、平井輝七なども、この流れに入るということもできる。
  • この意味での前衛写真は、シュルレアリスムや抽象絵画の影響を大きく受けて、成立している。
  • 日本では、新即物主義の写真への影響は、新興写真の一部として、1930年ごろに展開し始め、報道写真、前衛写真等の様々な分野の写真作品へと浸透していった。
  • 戦前から戦後の半世紀以上におよぶ長い期間を一貫して前衛写真家・詩人として活躍、その写真作品は自由、反戦、反権力を軸としたシュルレアリスム系の華麗な作品が多い。
  • 残りについては、その写真表現が次第により先鋭化し、1930年代後半にかけて、前衛写真と呼べるようなものになっていき、各地に、そのような傾向の集団が登場してくる。
  • 基本的には、造形的・前衛的な作風を特徴とし、戦前の新興写真・前衛写真の正統な後継者・承継者の1人とも言える。
  • その繁栄の中で、報道写真は、新興写真を飲み込んでいき、アマチュア写真家や芸術写真・前衛写真を社会性がないとして排斥していく。
  • また、瀧口修造らの、前衛写真協会にも参加した。
  • 戦前の小石はあらゆる写真的技術を軽々と使いこなし、芸術写真、新興写真、前衛写真、報道写真と、ジャンルを問わず作品を残している。
  • 特に写真の分野においては目覚ましく、初期はモホリ=ナジおよびバウハウスの前衛写真の傾向を引き継ぎ、さまざまな傾向へと変化し現在にいたる。
  • フォトグラム、フォトモンタージュなど、高度な技術をも駆使して、スタジオ内で作り上げられた華麗な作品群は、単なるヨーロッパの前衛写真の物まねにとどまらず、中山独自の美意識を十分に表現したものとなっており、戦前の日本の写真の1つの到達点として、高く評価できる。
  • 新興写真研究会、前衛写真協会、青年報道写真研究会の、それぞれの会員でもあり、文字通りの「芸術写真」だけでなく、新興写真、前衛写真、報道写真などの幅広い作風を持っていた。
  • 新興写真はこのように、報道写真や前衛写真へと転化していったわけだが、後者については、前衛に対する政府の弾圧、技巧偏重による表現の行き詰まり、社会性からの乖離と社会性を要求する外的圧力、戦時におけるアマチュアとしての限界などの問題が生じ、太平洋戦争の中、あえなく散ってしまうことになる。
  • 平井輝七の作品「月の夢想」について、飯沢耕太郎はその著書で、「江戸川乱歩の小説のような幻想世界を作りあげている」「『前衛写真』の記念碑的な作品」と評しているそのほか、展覧会カタログは存在しないが、「コラージュとフォトモンタージュ」展でも、平井作品が展示され、「生命」がチラシに用いられている。