前衛党

54 の用例 (0.00 秒)
  • これは、前衛党が複数存在すると指揮系統が混乱するという理由であった。
  • 彼は職業革命家により構成される前衛党が労働者階級を指導し、社会主義を建設するべきだと訴えた。
  • 彼は1949年までに前衛党の概念を否定していた。
  • ヨシフ・スターリンは、一つの国には一つしか前衛党はあってはならないという原則を作成した。
  • 大衆の自発性は否定され、前衛党の指令による大衆運動の管理は硬直的であった。 今村仁司『マルクス入門』より引用
  • この生きた関係は、現在の日本の社会感情や、前衛党とその外との知的関係のありかたのすこし前方に進出したものである。 宮本百合子『政治と作家の現実』より引用
  • この党派は労働条件の改善と日常闘争との重要性に理解をもちマルクス主義的前衛党の考え方に接近し社会主義勢力の統一に熱心であった。
  • マルクス・レーニン主義の前衛党理論では、共産党が国家や社会を指導するとされた。
  • ドイツのローザ・ルクセンブルクはレーニンの前衛党論や民族自決論を批判した。
  • 彼は、大衆を上位から統治する前衛党の概念を嫌った。
  • レーニン主義では前衛党は党組織に所属して活動を担う者により構成される党とされ、ただ党の綱領を支持しているだけの者は入党できない。
  • 日本共産党はかつて「一国一前衛党論」を掲げ、複数の共産党・労働者党がある国では一つの党としか関係を持たなかった。
  • これを前後して、日本のトロツキストは、新しい前衛党=新左翼の結成に進んだのであった。
  • 前衛党の組織はひろくなり闘争面は多様になり民主民族のための強力な統一戦線をもつに至っているとき、文化科学の各専門家がそれぞれの分野で実力ある文化反動とのたたかいを行うことは革命のプログラムから逸脱したことでしょうか。 宮本百合子『文学について』より引用
  • またアナキズム運動によるレーニン主義の教義への強い反対も続いており、その中には前衛党などがある。
  • これをレーニンは前衛主義として受け継ぎ、前衛党組織をつくった。
  • アフラクは、マルクス主義の影響を受けており、アラブ国家の形成にも前衛党が必要であると考えていた。
  • デ・レオン主義者の計画の成功は、職場と選挙の両方における人々の多数派の獲得にかかっており、小さい前衛党が労働者階級を指導して革命を実現するというレーニン主義の概念とは対照的である。
  • 「前衛党」の概念は、共産主義者や時代により異なっている。
  • しかし、前衛党としての力量がまだなかったため党組織を解体し、理論研究集団として「全国社会科学研究会」を組織する。
  • 次へ »