前衛作曲家

18 の用例 (0.00 秒)
  • 第2次世界大戦後の前衛作曲家の第2世代に属する。
  • シェッフェルはすでに当時新進前衛作曲家ではあったが、劇作家とはみなされていなかった。
  • その後ケージ一派のピアノ作品や西側の前衛作曲家の多くの作品を初演し、1950年代のピアノ音楽はほぼ彼を想定して書かれたといっても過言ではない。
  • 前衛作曲家でありながら前衛の時代が終わるまでオペラにかかわり続けた点が、同世代の中では際立って異質である。
  • ストックホルムにいた頃からすでにモダニズムの傾向を見せていたが、1920年前後のパリ滞在中に当時の前衛作曲家であるダリウス・ミヨーとモーリス・ラヴェルと親交を持つようになった。
  • 映画版では、和賀英良は原作どおりの前衛作曲家兼電子音響楽器研究家ではなく、天才ピアニスト兼、ロマン派の作風を持つ作曲家に設定変更された。
  • 偶然性の音楽は、ケージによる創始後、彼に近いアメリカの何人かの作曲家の間で試みられ、次いで1958年以降はヨーロッパの前衛作曲家に技法として取り入れられた。
  • ブーレーズやクセナキスなどの前衛作曲家は、規模も大きく、経済的事情と手間暇のかかるオペラというジャンルに否定的な姿勢を見せた。
  • 戦前の1921年から開催され、今もなお世界の若い前衛作曲家の登竜門として、デビュー、ならびに音楽家の発掘の場として注目されている。
  • パウンドはバーネイを前衛作曲家ジョージ・アンタイルに紹介したし、彼女自身の音楽の趣味は伝統的なものに傾いていた一方、彼女はアンタイルの『5台の楽器のための交響曲』と『弦楽四重奏曲』の初演において主催者を務めた。
  • 一方、当時のヨーロッパの前衛作曲家は、このケージの不確定性の音楽を、その思想的脈絡は無視して、セリエル音楽の作曲手法における単なる「技法」の一つとして自分たちの音楽に取り入れた。
  • 当時の著名な前衛作曲家や演奏家との交流を通して、自身の「音楽的語法」を推し進めるとともに、「日本の現代作曲家」としての自分の「存在の根源」と結びつく「音楽」を模索した時代とも言える。
  • また、前衛作曲家のデビッド・ベッドフォードと共同で Rigel 9 というリブレットを制作した。
  • ソヴェトの芸術が格段に自由だった時期に作曲されており、当時の前衛作曲家であるイーゴリ・ストラヴィンスキーやベラ・バルトーク、パウル・ヒンデミットや新ウィーン楽派に啓発されている。
  • なぜこのような「停滞が起きた」のか、その理由は「ブーレーズや武満、シュトックハウゼン、リゲティのような前衛作曲家が、メロディーを歌った」からである。
  • 真に新しい前衛作曲家の育成を夢見た彼は、1993年からシュヴァーツで「アヴァンギャルド・シュヴァーツ」の名を冠した夏期講習を開始し、多くの若手作曲家を指導した。
  • なお、セバスチャン・エキモフスキ=ヴィンクラーとフェリックス・プロフォスは、ロシアの前衛作曲家に留学という形でモスクワ音楽院のウラジミール・タルノポルスキーに師事した人物である。
  • すでにシュトックハウゼン、ブーレーズ、ノーノ、ケージといった前衛作曲家達が登場し始めていたこの時代においては、シュトラウスの作風は、あまりに古色蒼然とした時代遅れであった。