前衛

全て 名詞
2,892 の用例 (0.01 秒)
  • 昨今のように前衛が一種の運動になっていなかった時代のことですから。 柴田南雄『クラシック名曲案内ベスト151』より引用
  • 五八年には前衛美術会の会長にも就任しているれっきとした画家である。 大槻ケンヂ『のほほん人間革命』より引用
  • 昨日再生したばかりなのに、今日はすでに芸術の前衛として進んでいた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 前衛建築家は、自分が住んでみたいと思うような家を建てるのだという。 山口瞳『還暦老人ボケ日記』より引用
  • これは軍隊の言葉ですが、文学で前衛といふことは今まで云はれてゐた。 岸田国士『文芸雑談』より引用
  • フランス軍の投射兵は活用されることなく、前衛の後ろに置かれていた。
  • 前衛的音楽のためアルバムはあまり売れなかったが、後に再評価された。
  • 前衛が俺と国村さんしかいなかったので鈴木さんが前衛に繰り上がった。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • そうしてしかも現在の大衆にはわかりにくい象徴的な前衛映画である。 寺田寅彦『俳諧瑣談』より引用
  • われわれの尊敬すべき前衛には判決せられるような真実の罪はどこにもない。 宮本百合子『同志たちは無罪なのです』より引用
  • これは、前衛党が複数存在すると指揮系統が混乱するという理由であった。
  • 指揮杖の動きはその感覚と重なって、前衛翔士レクレーに認識されているはずだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • それとともに前衛的作曲家として国際的に認められるようになった。
  • この頃からレジェは当時の前衛美術運動であったキュビスムに参加する。
  • 重武装の前衛三人は一切攻撃に参加せず、ひたすらシールドで身を守る。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • 俺の理論武装した前衛的な画風には、早くもファンが付いているんだ。 二階堂黎人『奇跡島の不思議』より引用
  • 熱狂せる人垣の叫びによつて前衛部隊出現の合図は地平線にあげられた。 リラダン『殘酷物語』より引用
  • 明智隊が動いたとき、前衛はすでに山へ入って見えなかった程である。 半村良『産霊山秘録 上の巻』より引用
  • まあ彼は前衛的な芝居をやったりして評判を悪くしていたしね。 関容子『日本の鶯堀内大學聞書き』より引用
  • 二人の前衛芸術への関心はウルフの作品に重要な影響を与えたものと思われる。
  • 次へ »