前置き

全て 名詞
1,299 の用例 (0.02 秒)
  • こんな前置きをいっておいてもやはりおりかは彼を信用して仕事をした。 横光利一『御身』より引用
  • 姉はそう前置きをしておいて、さてつぎのような話をはじめたのである。 横溝正史『金田一耕助ファイル01 八つ墓村』より引用
  • この前置きが何を言わんとしているのかを、はっきりさせようと努めた。 サド/澁澤龍彦訳『ソドム百二十日』より引用
  • 前置きして、国王は二人を相手に自分の考えを注意深く語ったのである。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第05巻 「異郷の煌姫」』より引用
  • 専門家じゃないから期待されても困るけど、と前置きして僕はそう言った。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • 前置きもなしに、松野の声が聞こえてきたときは、なんなんだと思った。 氷室冴子『海がきこえる』より引用
  • 前置きが長くなったのは、実は次のようなことを言いたかったからである。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • 「これも何かの御縁ですから」と前置きして自分の身の上話をはじめた。 田畑修一郎『石ころ路』より引用
  • 前置きがなかったから何のことかすぐにわからず、祐巳は目を瞬かせた。 今野緒雪『マリア様がみてる 03 いばらの森』より引用
  • そして、たくみな前置きの後に父の出発以後の生活の辛さを述べたてた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(4)』より引用
  • 前置きが長くなったが、私の悲劇はこんなことでは終わらなかったのだ。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • ながながと前置きしたが、実は最初から、この話をしたかったのである。 なだいなだ『パパのおくりもの』より引用
  • 活動内容を聞きたいというのは、単なる前置きにすぎなかったわけだ。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • その最中に、さきほどの会話で感じた疑問をなんの前置きもなく尋ねてみた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス09 ブルー・マズルカ』より引用
  • ヤンはそう前置きし、占領地を放棄して撤退してはどうか、と提案した。 田中芳樹『銀河英雄伝説 01 黎明篇』より引用
  • 平手打ちの前に、まあ前置きのつもりで二こと三こと言う必要はないかな? ドストエフスキー/中村融訳『地下生活者の手記』より引用
  • 彼は前置きもなく、公式報告を読み上げるような単調な声で語り始めた。 フーリック/大室幹雄訳『中国迷路殺人事件』より引用
  • 捜査関係者によると、と前置きしたその記事の内容を追っていった。 藤原伊織『テロリストのパラソル』より引用
  • 前置きが長くなつたが、僕が君に言ひたかつたことは次のやうなことなのだ。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • 四十分、いや三十分でまとめますからと前置きして、秋山氏は話を始めた。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • 次へ »