前栽

全て 名詞
156 の例文 (0.00 秒)
  • 源氏は彼らに命じて前栽せんざいの木々の折れたのなどを手入れさせたりした。 ...
  • 前栽には大きな石が積み重ねてあり、その上には稲荷いなり様がまつってあった。 ...
  • しかし人々の眼は、その時はもう前栽せんざいの植込に眼を奪われていた。 ...
  • 紙燭の影が揺れて来、ふたたび、以前の平門前の前栽せんざいまで連れて行かれた。 ...
  • おもふに前栽せんざいの訛にして、往時むかし御前栽畑ありし地なりしを以てなるべし。
  • この小房の縁にきょして前栽に対する時は誰でも一種特異の気分が湧く。 ...
  • これではならぬと思い、私は考えた末、これを私の前栽せんざいへ解放してやろうと思った。 ...
  • 部屋の左は大きなガラス窓になっていて、前栽の芝生が見える。 ...
  • 前栽を火山岩の石が円形に囲んでいるが、石は黒く、青苔あおごけがついていた。 ...
  • 二人は原っぱのような前栽のなかに立っている一軒家に通された。 ...
  • 父の死と同時に他人の手に渡った家は、現在は前栽せんざいの植木二本だけを残して両親とぼくの記憶は全てこの世界から姿を消してしまった。 ...
  • 内は前栽せんざいから玄関もほかの青楼せいろうとはまるで違う上品なやかたづくりだ。 ...
  • 第一軒の入口に白い柱列コラムでもあればそれは三坪ほどの前栽に向って全建物が終るまでつらなっているであろう。 ...
  • 小さい庭にしゃれた姿の竹が立っていて、草の上の露はこんなところのも二条の院の前栽せんざいのに変わらずきらきらと光っている。 ...
  • 食堂から奥の座敷へ通うところは廻廊風に出来ていて、その間に静かな前栽せんざいがある。 ...
  • 日本では万葉の昔から愛好され、前栽、切花などに用いられてきた。 ...
  • あまり樹の数をおかない上方かみがたふうの広い前栽せんざいで、石の八ツ橋をかけた大きな泉水がある。 ...
  • 次へ