前期末から中期

17 の例文 (0.00 秒)
  • 製作時期は、弥生時代前期末から中期中頃の間と考えられている。 ...
  • 時代は古墳時代前期末から中期初頭と考えられている。 ...
  • 近藤喬一・山口大教授の話 弥生前期末から中期の初めでも、佐賀県の宇木汲田遺跡みたいに別々の墓からいろいろな副葬品が出ているが、今回のように一つの墓からこれだけのものが出たとは驚きだ。 ...
  • また、縄文時代中期末の竪穴式住居跡2軒も発見され、前期末から中期にかけての土器・石器・骨角器などが出土した。 ...
  • 鉄器は、集落を囲む環濠の底から、弥生時代前期末から中期の初めにかけての土器と一緒に出土した。 ...
  • 縄文時代前期末から中期初頭の遺物で、蛇紋岩の産地である糸魚川地域との交流を示す遺物である。
  • 貝の種類は、早期末の層では鹹水産のカキ・ハマグリが、前期末から中期末の層では汽水域産のヤマトシジミが、後期や晩期の層では淡水産のタニシなどがそれぞれ主体であることから、同地域の海岸線が時代の下降とともに後退していったことが証明される。 ...
  • その後、弥生時代前期末から中期初頭のころになると、中部九州の熊本県や、さらに遠く九州南部の鹿児島県まで分布が拡大される。 ...
  • 島の南東部の高台にある北浦遺跡や島南部のに西遺跡では、弥生時代前期末から中期前葉の弥生土器が表採されたほか、島北端の也良でも磨製石斧が表採される。 ...
  • 日本最古の高地性集落遺跡は、京都府京丹後市の扇谷遺跡で、弥生時代前期末から中期初頭にかけての比較的短期間営まれたものとみられている。 ...
  • 縄文時代の遺跡では、町域東部にあたる貢川右岸の自然堤防上に位置する沖田遺跡があり、縄文前期末から中期初頭の土器破片が出土している。 ...
  • 約8000年前の縄文前期の遺跡とされる千葉県館山市の稲原貝塚においてイルカの骨に刺さった黒曜石の、簎先の石器が出土していることや、約5000年前の縄文前期末から中期初頭には、富山湾に面した石川県真脇遺跡で大量に出土したイルカ骨の研究によって、積極的捕獲があったことが証明されている。 ...
  • 甕棺墓はいずれも弥生時代前期末から中期初頭に位置付けられる金海式甕棺で、成人棺は特別に大型に作られ、蕨手状の刻目突帯文を施したものや、疾駆する2頭の鹿を描いたものがある。 ...
  • 遺跡群の最盛期は弥生時代で、前期末から中期後半にかけて甕棺を主体とした墳墓1200基、丹塗磨研土器を投入した土壙50基、竪穴住居や掘立柱建物などが検出されている。 ...
  • サムネイル サムネイル|2018年1月19日 丘陵上の写真 扇谷遺跡とは、現在の京都府京丹後市峰山町に、弥生時代前期末から中期初頭にかけての比較的短期間営まれた、日本最古とされる高地性集落跡地。
  • サン・ホセ・モゴテは、メキシコ、オアハカ州、逆Yの字を呈するオアハカ盆地の北側エトラ河谷、アトヤック川右岸にある先古典期前期末から中期の祭祀センターである。 ...