前期初頭

31 の用例 (0.00 秒)
  • 弥生時代前期初頭の集落構成、弥生文化の成立の解明に貴重な資料だ。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 09 阿波・土佐・伊予・讃岐』より引用
  • この発見によって、前期初頭だけでなく、前期後半まで集落があった可能性が見えてきた。
  • 北東部では縄文時代前期初頭の竪穴住居が複数発見されており、遺物もこの時代のものが多い。
  • 纒向古墳群は、奈良県桜井市に所在する古墳時代前期初頭の古墳群である。
  • 一連の集落は弥生時代後期を中心に中期終わり頃から古墳時代前期初頭にわたって営まれている。
  • 県教委が発掘調査を進めている南国市の田村遺跡群で、約二千三百年前の弥生時代前期初頭の集落跡が見つかり、十九日、現地で発表された。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 09 阿波・土佐・伊予・讃岐』より引用
  • メスリ山古墳は、奈良県桜井市に所在する古墳時代前期初頭の前方後円墳である。
  • 弥生前期初頭については福岡県、和歌山県などで竪穴住居跡が単発的に見つかっているが、集落として完掘されたのは他に例がない。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 09 阿波・土佐・伊予・讃岐』より引用
  • 日本での「箕」の使用は古く、唐古・鍵遺跡から、弥生時代前期初頭のものが完全出土している。
  • 石野遺跡から採取された土器の中には、八丈島の湯浜遺跡から出土した土器に類似しているものも見られるが、約6000年前の縄文時代早期末から前期初頭のものと考えられている湯浜遺跡と、1世紀頃の可能性が高いと考えられている石野遺跡とでは全く年代が異なる。
  • これまで最古とされていた板付の環濠は弥生前期初頭とみられており、市教委は「那珂遺跡の環濠は板付より約五十年古い」とみている。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 10 筑前・筑後・豊前・豊後』より引用
  • 土器は縄文時代前期初頭から前期末葉にあたる大木1式から6式までであった。
  • 古墳時代前期初頭には、円筒形または壺形、少し遅れて器台の上の壺を乗せた形の朝顔形埴輪などの円筒埴輪が見られた。
  • 福岡県東小田峰遺跡で弥生時代前期初頭の例がある。
  • だいたい、「約二千三百年前の弥生時代前期初頭」のころにそんな「影響」をあたえる、あたえられる、などということがあったであろうか。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 09 阿波・土佐・伊予・讃岐』より引用
  • 福岡県教委などが発掘作業を進めている福岡県宗像郡津屋崎町宮司の今川遺跡で、これまでわが国青銅器の起源とされていた紀元前一世紀より、さらに百年以上もさかのぼる弥生前期初頭の青銅製鏃が、十四日までに見つかった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 10 筑前・筑後・豊前・豊後』より引用
  • 遺跡は弥生時代前期後半に集落としての姿を現し、中期後半に著しい拡大を遂げ後期に続くが、古墳時代前期初頭に突如として姿を消す。
  • 築造時期は古墳時代前期初頭と推定される。
  • 鉄鏃は「類銅鏃式」と呼ばれる巧妙な技術になり前期初頭に現れ、その後、規格化されつくられ、副葬品に多く加えられるようになる。
  • これらの位置づけとして、建物群が古墳時代前期初頭に集落として機能したのち、その跡地上に杵ガ森古墳が築かれ、さらにその周囲に杵ガ森古墳ゆかりの人物の方形周溝墓が営まれたと見られている。
  • 次へ »