前期の地層

23 の用例 (0.00 秒)
  • ワキノサウルスは現在の日本の九州にあるの白亜紀前期の地層から発見された獣脚類恐竜の属である。
  • また、本種とよく似た の歯化石がドイツのカンパニアン前期の地層から発見されている。
  • 白亜紀前期の地層から、本亜目に属する数種類の絶滅種の化石が発見されている。
  • 白亜紀前期の地層からの発見であり、ティラノサウルス科のアジア起源説を裏付けるものとしても注目された。
  • その後も内モンゴルや韓国など東アジア地域の白亜紀前期の地層から本属・もしくは本属の可能性がある化石が発見されている。
  • 同じく九州の白亜紀前期の地層から1992年に1本の歯に基づくワキノサウルスが報告されているが、ミフネリュウとは明らかに異なっている。
  • ササヤマミロスの化石は、知られている真獣下綱としては最も古い時代である、白亜紀前期の地層で発見されている。
  • 近年、モロッコのオルドビス紀前期の地層から発見された化石は、この生物は実際は海底からかなりの高さに浮いており、骨針に由来する柄のような骨を通して付着していたことが示された。
  • 真獣下綱のうち最も初期に出現したグループであり、最古の化石記録はモンゴルの白亜紀前期の地層から発掘されている。
  • 現在のところアメリカ、アリゾナ州のツェギ キャニオンにあるジュラ紀前期の地層から発見された標本のみが知られており、属名はこの場所にちなんでいる。
  • インゲルフィンゲンとニーデルンハルの間だけは三畳紀前期の地層がわずかにのぞく。
  • しかしゴンドワナ大陸南部であった現オーストラリア、クイーンズランドの白亜紀前期の地層からの化石記録から、大量絶滅を生き延びたディキノドン類が僅がながら存在していたことが判明している。
  • sibiricusはロシア、ブリヤート自治ソビエト社会主義共和国にあるTurginskaya Svitaの白亜紀前期の地層から発見された単一の第四中足骨に基づいている。
  • ネズミイルカ科の化石記録は中新世後期にまで遡ることが出来、特に中新世末 - 鮮新世前期の地層から多数発見されている。
  • 場所はドーセットにあるライム・リージスの海岸に現れていたジュラ紀前期の地層で、発見者はプレシオサウルスやイクチオサウルスの化石を発見したことでも有名なメアリー・アニングである。
  • しかし最近、かつてゴンドワナ大陸南部であった現オーストラリア、クイーンズランドにおいて、白亜紀前期の地層からディキノドン類と思われる化石が発見されている。
  • メイ・ロンは、中国遼寧省北票市の中生代白亜紀前期の地層から発見された小型の肉食恐竜である。
  • 発見された化石のほとんどはドーセットやグロスターシャーなどグレートブリテン島南部のジュラ紀前期の地層から出土している。
  • 篠山層群とは、兵庫県篠山市の篠山盆地と丹波市山南町東部に分布する、中生代白亜紀前期の地層である。
  • 化石は、当時ローラシア大陸西部地域の一角であった現在のアメリカ合衆国や、当時ゴンドワナ大陸南部地域の一角であった現在のアフリカ大陸はタンザニアにある、中生代ジュラ紀後期および白亜紀前期の地層から発掘されている。
  • 次へ »

前期の地層 の使われ方