前方後円墳

全て 名詞
1,195 の用例 (0.01 秒)
  • 古地図の形状からも追認され、そのため従来前方後円墳といわれてきた。
  • したがって前方後円墳が現存することは、より必要となってくるのである。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • また日本式の前方後円墳らしいものが韓国南西部でも見出されている。
  • つまり、馬見地域で最初に築造された前方後円墳であることが分かった。
  • 中後期の大型前方後円墳をはじめ、ごく一部の古墳のみに確認されている。
  • 後円部の大きさに比べて前方部が短く、定型的な前方後円墳とはいい難い。
  • 各地域で最後に建造された前方後円墳はその時期にほとんど差がないことが判明している。
  • 前方後円墳であるが前方部は消滅し、現在残っているのは後円部の一部のみである。
  • そして相模では一時的な前方後円墳復活後には主に円墳が造営された。
  • その多くが数十メートルから百数十メートル程度の中規模の前方後円墳である。
  • 埴輪は認められておらず6世紀末葉の最終末の前方後円墳とみられている。
  • 当古墳の形式について、かつては前方後方墳・前方後円墳との説があった。
  • 大型前方後円墳の分布により、大きく北群・中央群・南群の3群に分けられる。
  • これらの地域からは前方後円墳が発見されており、日本の墓制との関連で注目されている。
  • いずれも前方後円墳で、1932年4月25日に国の史跡に指定された。
  • 北向きの前方後円墳であるが、中心軸は少し北東に向いている。
  • 全長55メートルの前方部を南西に向けた前方後円墳であった推定されている。
  • 形状は前方後円墳であるが、先の工事によって墳丘の半分以上は失われている。
  • 復元が行われたため、完全な形の前方後円墳を見学することができる。
  • 前方後円墳としては、岩手県では唯一で日本の最北端に位置している。
  • 次へ »