前後輪

112 の用例 (0.01 秒)
  • 以前のモデルに比べて前後輪のバネレートを柔らかくすることができた。
  • タイヤは左右対称かつ前後輪共用で、ある程度の使い回しにも対応している。
  • 前後輪ともはっきり跡が出てるだろう。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • 長さ10cmほどの金属パイプで前後輪のハブ軸の左右に取り付ける。
  • 前後輪は12インチを採用し、前後連動のコンビブレーキを搭載している。
  • 初期のオートバイは自転車にエンジンを付けただけの形態で、前後輪ともにサスペンションを持たない車体構造であった。
  • この構造は、サイドラジエータを前後輪の中間ほどまで前に移動させ、その後端と後輪の間に空間を作る。
  • スタビライザー・バーは前後輪に付いていた。
  • サイドポンツーンは前後輪間の空間を埋めるエアロパーツとしての役割も果たした。
  • 前後輪が駆動輪で前輪のみに振動機構を装備している。
  • 駆動輪と座席および座席側の車輪が分離している取付型と、前後輪も座席も車体とひとつになっている一体型の2種類がある。
  • 両車とも前後輪固定車軸で戦前型の形態を濃厚に残し、通常の自動車であれば助手席となる位置をドアの無い荷物置き場にするなど、英国の法で規定されたタクシーの基本構造を踏襲していた。
  • 全体をつやのある黒と赤のカウルに包み、モーター内臓の前後輪はあきれるほど太い。 川原礫『アクセル・ワールド 04 -蒼空への飛翔-』より引用
  • 前後輪の間にセンターデフを置き、旋回時や、前後輪のタイヤサイズの違いなどによる各輪の回転差を吸収する。
  • 前輪へ伝達する駆動トルクの大きさは、横Gの大きさと前後輪の回転速度差に応じて変化する方式としている。
  • 通常輪行する際には前後輪をはずして前フォークを抜いて束ねて輪行袋に入れる「アルプス方式」を取りやすいように設計されている。
  • さらには前輪と後輪の間でも内輪差が生じるため、エンジン出力が前後のデフに向かう前に、前後輪の回転差を吸収するためのセンターデフを備えているものもある。
  • 前後輪とも横置きリーフスプリングを用いた独立懸架とし、操縦性や乗り心地に配慮していたのである。
  • 二輪車では、小型スクーターやスーパーカブのようなビジネスモデルで前後輪とも使われている。
  • それほど急なカーブではなかったもののアクセルを目一杯踏んだままただハンドルだけを左に切ったところ左側の前後輪は簡単に浮いた。 田中哲弥『さらば愛しき大久保町』より引用
  • 次へ »