前後に細長い紡錘形

14 の用例 (0.00 秒)
  • 体は前後に細長い紡錘形で、短い吻が前方に尖り、横断面は円形に近い。
  • 体は前後に細長い紡錘形で、腹部中央がやや上方に湾曲し、腰が曲がる。
  • 体は前後に細長い紡錘形で、短い吻が前方に尖り、横断面は楕円形である。
  • 成魚の全長は30cmほどで、体は前後に細長い紡錘形をしている。
  • 体は著しく側扁し広葉樹の葉のような形状のものが多いが、ムロアジ属のように断面が円に近く前後に細長い紡錘形のものもいる。
  • 体は他のカジキ類同様に上顎が伸び、前後に細長い紡錘形の体型だが、他種に比べて第一背鰭が大きく発達する。
  • 体は前後に細長い紡錘形で、体色は紫褐色である。
  • 成魚は全長50cmほどで、体形は前後に細長い紡錘形をしている。
  • 体は前後に細長い紡錘形で、あまり側扁しない。
  • 体は前後に細長い紡錘形、横断面は楕円形で、カジキ類としては肉付きが厚い。
  • 成魚は全長10cmほどで、前後に細長い紡錘形をしている。
  • 体型はやや前後に細長い紡錘形で側扁する。
  • 体は前後に細長い紡錘形で、吻が前方に尖る。
  • 体形は前後に細長い紡錘形で、同じ亜科に属するイシフエダイ、ハマダイ、ヒメダイなどに似る。