前後だろ

119 の用例 (0.00 秒)
  • 背中を向けているので年齢ねんれいははっきりしないが、おそらく二十歳はたち前後だろう。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • ほんとのことを知ったのは、多分、母の亡くなる前後だろうと思います。 横溝正史『金田一耕助ファイル01 八つ墓村』より引用
  • 千秋の母親なら五十前後だろうが、それよりもだいぶ年季が入っている。 樋口有介『魔女』より引用
  • あの当時、お姉さんが何歳だったか知らないが、きっと二十歳前後だろう。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • 絶命はたぶん四時前後だろうが、その一時間後に鐘が鳴っているんだ。 小栗虫太郎『聖アレキセイ寺院の惨劇』より引用
  • 五十歳前後だろうか、よく陽に焼けた、草履のような丸顔のおじさんだ。 内田康夫『遺骨』より引用
  • 手拭いで頬被ほおかぶりをしているので正確な年はわからないが、六十前後だろう。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • 顔は暗くてよくわからないが、としころは三十歳前後だろうか。 北沢慶/山本弘/友野詳『妖魔夜行 暗き激怒の炎』より引用
  • ミツエの正確な年をわたしは知らないが、おそらく、三十前後だろう。 皆川博子『水底の祭り』より引用
  • 旅行の参加者としてここに集っているのは、俺たちも含めて二十名前後だろうか。 入間人間『電波女と青春男 第05巻』より引用
  • 最初は七〇歳前後だろうと思ったが、今は六〇歳にも届いていないのではと思われた。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 年齢は五十前後だろうが、見たところ、典型的な武蔵野の農民だった。 横溝正史『金田一耕助ファイル11 首』より引用
  • 年齢は四十前後だろうが、なかなかの敏腕家だという評判である。 横溝正史『華やかな野獣 他二篇』より引用
  • 三枝と呼ばれたその男、たぶん三十歳前後だろう、と由利香は思った。 赤川次郎『輪舞―恋と死のゲーム』より引用
  • その男は四十前後だろうか、どんな職業の男か、もちろん判らない。 梅崎春生『幻化』より引用
  • 年齢は五十代後半から六十歳前後だろうか。 椹野道流『鬼籍通覧1 暁天の星』より引用
  • 目の前の重松亮子は、肌の張り具合からいっても三十前後だろう。 新津きよみ『女友達』より引用
  • 俺の手を胸の前でささげ持って微笑んでいるその人は、どうやったって二十歳前後だろう。 谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』より引用
  • 二十歳前後だろう、うつむきがちな視線はまだ場慣れしておらずおどおどとしていた。 垣根涼介『午前三時のルースター』より引用
  • 机や電話機の数からみて、捜査本部の陣容は三十人前後だろう。 樋口有介『枯葉色グッドバイ』より引用
  • 次へ »