前後

全て 名詞
31,322 の用例 (0.02 秒)
  • この前後数年間に私の見た日本映画はほとんどこの写真一本にすぎない。 伊丹万作『私の活動写真傍観史』より引用
  • 前後の事情を考えると、どうしてもこう判断するよりほかはありません。 岡本綺堂『蜘蛛の夢』より引用
  • 私はK君が海へ歩み入ったのはこの時刻の前後ではないかと思うのです。 梶井基次郎『Kの昇天』より引用
  • 四十歳前後のことで、考えてみればはや二十年ばかりも前のことである。 上村松園『芸術三昧即信仰』より引用
  • この吾妻橋から柳島へ至る電車道は前後に二三度しか通つた覚えはない。 芥川竜之介『本所両国』より引用
  • 僕の隣には新聞記者らしい三十前後の男が二人何か小声に話してゐた。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 上富士前かみふじまえの交叉点で乗込んだ人々の中に四十前後の色の黒い婦人が居た。 寺田寅彦『さまよえるユダヤ人の手記より』より引用
  • 父はこの騒ぎの間に愛する妻を失い、年頃前後の子供三人を失っている。 岡本かの子『雛妓』より引用
  • 薄井は三十前後だが、芝居関係の人間には敬語を用いたことはなかった。 織田作之助『夜の構図』より引用
  • ことなる部分があれば空間が生まれ、 ことばの前後に時間が生まれる。 高橋悠治『音楽の反方法論序説』より引用
  • 前後の事情で問わずとも次兄の妻女ということが、私にはわかっていた。 鷹野つぎ『草藪』より引用
  • 横はよろい戸になっていて、前後にだけ小さな窓の金あみが張ってある。 大杉栄『続獄中記』より引用
  • 彼は考え深そうに、その足を前後にゆすりながら、しばらく黙っていた。 ドイル・アーサー・コナン『世界怪談名作集』より引用
  • 女のほうは四十前後の痩せて小さい、身なりのきちんとしたひとでした。 太宰治『ヴィヨンの妻』より引用
  • それは怪星ガンに捕獲される前後に、ひどく使いすぎてしまったからだ。 海野十三『怪星ガン』より引用
  • 僕のとなりには新聞記者らしい三十前後の男が二人何か小声に話していた。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 先刻せんこくから、ことに私の眼をひいた一人の四十前後の男の患者がありました。 岡本かの子『病房にたわむ花』より引用
  • 九時前後に於て三曲線は特異な変化を表わしているではありませんか。 海野十三『赤耀館事件の真相』より引用
  • しばらくしてどれかが下降し始めると他のものもまた相前後して下降する。 寺田寅彦『破片』より引用
  • 彼は前後左右をおほつた機械の中に腰をかがめ、小さい目金めがねのぞいてゐた。 芥川竜之介『或阿呆の一生』より引用
  • 次へ »

前後 で始まる単語