前代未聞

全て 名詞
1,219 の用例 (0.02 秒)
  • もし之が実際に行われるとすれば、恐らく此の島では前代未聞であろう。 中島敦『光と風と夢』より引用
  • 一大名が堂々と幕府批判を行うということは、前代未聞の行動であった。
  • ブランドプロデューサーとしての登場でこれは前代未聞のことであった。
  • 確かに側室の数に制限はないが、二人同時にあがるのは前代未聞である。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 国母であった高貴な女性がこのような被害にあうのは前代未聞であった。
  • これは当時前代未聞の出来事として全国のショップが大混乱になった。
  • テレビ画面で社会の大立物の旧い犯罪を暴き立てたのは前代未聞である。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • その口程もなく、ここに在陣し続けて、その卑怯な事は前代未聞である。
  • 委員長にいてみたが、こんなのは宇都宮でも前代未聞であるという。 山口瞳『草競馬流浪記』より引用
  • 前代未聞の王の不祥事を、そもそもなかったことにしようとしたのだろう。 児玉ヒロキ『イット』より引用
  • この前代未聞の行為がまき起こした騒ぎは、今でも人の記憶に残っている。 ルブラン/山辺雅彦訳『水晶の栓』より引用
  • そこでまた前代未聞の光景が展開して、両馬の間に競争が始まった。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(下)』より引用
  • こうして東京は、前代未聞の人口集中を経験することになったのだ。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • 列強の船には慣れている王府だが、これだけの大艦隊の入港は前代未聞だ。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 三人の現職警官が無実の罪を捏造しようとした前代未聞の事態に発展した。
  • 兵隊が甲板および役割に任命されるのは、いわば前代未聞ともいえた。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(上)』より引用
  • 一女性アナウンサーの進退問題がこれほど騒がれたのは前代未聞であった。
  • 栄えあるアカデミー賞の受賞辞退という前代未聞の行動が話題になった。
  • これは当時の日本の地方自治体としては前代未聞の社会保障政策であった。
  • メディアミックスの走りとも言うべき前代未聞の交代劇であったのである。
  • 次へ »