前に坐つてゐ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は、波の音を耳にしながら、連夜、夜を徹して机の前に坐つてゐた。 ...
  • 同じ日の夜、道助は少々退屈を意識しながら彼女の前に坐つてゐた。
  • 高い壁にゆきあたると彼等はじつとその前に坐つてゐて、何時までも待つてゐた。 ...
  • 小さい彼女はダマツて父の前に坐つてゐた。 ...
  • 四畳半の真ん中に卓を一つ置いて、原稿紙を前に坐つてゐた。 ...
  • 自分は、折角験べようと思つたの材料が手もとになくなつたので、ぼんやり煙草を喫しながら彼の机の前に坐つてゐた。
  • 君がいつ行つてみても、あの机の前に坐つてゐて、猛然と書いてゐて呉れると、僕はどんなに心強いか、どんなに刺戟を受けるか知れないんだ。 ...
  • 弟は相變らずむつつりと、机の前に坐つてゐた。 ...
  • 省三は机の前に坐つてゐた。 ...
  • 村長は、行きの儘の姿で、箸と茶碗を持つたまゝ食卓の前に坐つてゐたから無事だつた。 ...
  • むしろその反対に、大人の前に坐つてゐても、はづかしがりも、怖れもしなかつた。 ...
  • 其下宿といふのは全くの素人屋で、明治二十四五年頃は吉田町の專門の下宿屋でも一ヶ月三圓五十錢、それで十二疊の大廣間を一人で占領してゐるやうな時代であつたので、一ヶ月炭油共に三圓といふ安直下宿に先輩は古びた神棚の下に易者のやうな顏をして机の前に坐つてゐた。
  • 風呂からあがつて、座敷へ戻つて行くと、くみ子も、別な風呂へ案内されたのか、浴衣姿で、鏡臺の前に坐つてゐた。 ...
  • 内佛ないぶつの安置してあつたこの室は、この家へ女氣をんなけが入るやうになつてから、納戸に用ゐられて、紅白粉べにおしろいの匂ひで一杯になつてゐるが、竹丸の怖々こはごは覗いた時、修驗者の姿は見えないで、母がただ一人衣裳箪笥の前に坐つてゐた。 ...
  • 初瀬は、仏壇の前に坐つてゐた。 ...
  • 姑は、端然と床の間の前に坐つてゐた。 ...