前に在る

31 の用例 (0.00 秒)
  • 陽が高く昇った頃あい、武蔵の姿は、再びその古い八幡社の前に在った。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫3) 柳生但馬守』より引用
  • 今眼の前に在るそのものについて、誰かは愚鈍に包まれた賢明といったが。 石原慎太郎『生還』より引用
  • と、いま彼の前に在る叔父の賀相よしすけは、口を極めて、その非を鳴らした。 吉川英治『黒田如水』より引用
  • まさに記憶と変わらない屋敷が私の目の前に在る。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • いま冬木の目の前に在るのは、車の列ではなく、顔の列である。 城山三郎『勇者は語らず』より引用
  • だが今やフォロンの眼の前に在るのは、高さ三メートル程の小山にすぎない。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • 門内の無縁塔の前に在る大きな拝石おがみいしの上にドッカリと座を占めた。 夢野久作『斬られたさに』より引用
  • 美しいものは、眼の前に在るがらくたの中から、素手で掴まれねばならぬ。 秋山駿『人生の検証』より引用
  • そこで、又吾々の前に在るこの書の中にも、一つの前提がふくまれています。 キェルケゴオル/芳賀檀訳『愛について』より引用
  • 息づまり杜絶されたような自分の生活が彼の眼の前に在った。 豊島与志雄『生あらば』より引用
  • 宿に入ると直ぐ、宿の前に在る時間湯から例の佗しい笛の音が鳴り出した。 若山牧水『みなかみ紀行』より引用
  • 私は彼女の前に出ると何時も慈母の前に在るがような気持ちを覚ゆるのであった。 豊島与志雄『運命のままに』より引用
  • 靜かに、ほがらかに、氣高く暮れて行く湘南の海と山と眼の前に在り。 阿部次郎『三太郎の日記 第三』より引用
  • 自然に澄みきった彼女の眼とやさしい顔とが、すぐ前に在った。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 自分が入ってしまっては、目の前に完璧かんぺきな調和がひび割れ崩れてしまうと思った。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • 事実の証拠が眼の前に在るのです。 夢野久作『狂人は笑う』より引用
  • 顔や体がおれの前に在ったって、心がほかへ行っちまってるんじゃ、死んでることと同じだ。 光瀬龍『歌麿さま参る』より引用
  • 時々、自分の眼の前に在るものを透して遠くの物を眺めてゐるような虚脱状態を呈することがある。 三好十郎『浮標』より引用
  • こうして私は、舞い立つほこりと醜い群衆に囲まれている春の金閣の前に在った。 三島由紀夫『金閣寺』より引用
  • 下より立っているというよりも上から下っているというようなすらりとした無理の無い柔かな線が、山田の眼の前に在った。 豊島与志雄『掠奪せられたる男』より引用
  • 次へ »

前に在る の使われ方