削る

全て 動詞
1,008 の用例 (0.01 秒)
  • そこは大きな肉の塊が、ナイフで削られたようにきれいに失われていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • 一分二分ずつ、隣とそことの境が削りとられてゆき、近づいてゆくのだ。 吉川英治『鳴門秘帖』より引用
  • しばしば古いものは表面を削って再利用されたり裏を使ったりされた。
  • 彼には削つた柱があり、こつちは、柱を削る道具さへも用意してゐない。 岸田国士『新劇の始末』より引用
  • 彼には削つた柱があり、こつちは、柱を削る道具さへも用意してゐない。 岸田国士『新劇の始末』より引用
  • しかも北側の壁の方は、半分ほど削りとられて、大きな口をあけている。 井上靖『私の西域紀行(下)』より引用
  • 岩を削ったのではなくもとからあった穴に店が後から入ったのかもしれない。 長嶋有『タンノイのエジンバラ』より引用
  • いろいろなサイズの鉛筆に備え、多くの削り穴があいているものもある。
  • 直径三〇〇メートルはあった氷が、たちまち削られて小さくなっていく。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • 崩壊前には、棚氷の下が暖かい海流で削られていくのが確認されている。
  • それは小屋の前の火山灰質の地面を削って其処いらを泥流と化していた。 堀辰雄『菜穂子』より引用
  • このとき服部家は禄をけずられて三千石となり、次子の正重まさしげに伝えられた。 山田風太郎『忍法女郎屋戦争』より引用
  • 戦前に作られていた木うその中には、木肌を削らずに残したものもある。
  • そこは商売がわ考慮こうりょし、駐車用の敷地しきちけずって店自体を拡大かくだいしている。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 02 善意の指針は悪意』より引用
  • 管理棟のビルは鋭利な刃物で削られたように、その半分が消滅していた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 03 5121小隊 決戦前夜』より引用
  • かなりいい歳になってからリノリウムを削って作り始めた版画だという。 内田春菊『やられ女の言い分』より引用
  • それほど美しく削られた鉛筆を天吾は今まで目にしたことがなかった。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • なんの目的もなく、ただ速さを競うために、この十分のために命を削る。 森村誠一『ホーム アウェイ』より引用
  • 生命のすべてをかけて、自分の身を削って、一文字一文字書いていくの。 篠田節子『死神』より引用
  • ふいに光が彼らを照らし、地面を削る轟音が響いたのはそのときだった。 田中哲弥『大久保町は燃えているか』より引用
  • 次へ »