剃る

全て 動詞
397 の用例 (0.01 秒)
  • 彼はたつた今さつきつたばかりのやうな青いつるつるな頭をしてゐた。 田畑修一郎『医師高間房一氏』より引用
  • そして右の方の手だけを使って、彼女の口の周りから剃って行きました。 谷崎潤一郎『痴人の愛』より引用
  • 取引先に信用されないと言われ、ついこの間剃ってしまったのだという。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • 剃毛の歴史が始まった時から、植物油はその補助として用いられてきた。
  • ひげ剃りということは踊っていない時でもなかなかの注意が必要なのだ。 ディケンズ/村岡花子訳『クリスマス・カロル』より引用
  • 髭は初めのうちはっていたが、だんだん面倒になってやめてしまった。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • いつだったかいっしょに芝居へ行こうと思ったら、髭も剃っていないの。 池谷信三郎『橋』より引用
  • カウンターの奥では、頭を剃り上げた少年がうつろに宙を見つめていた。 ギブスン『ニューロマンサー』より引用
  • 皮つきで豚毛が残っていた場合は毛を剃った後、残った毛を直火で焼く。
  • 当日の朝になるとわたしはさっぱりとりおとして二人の前に現われた。 フィルポッツ/赤冬子訳『赤毛のレッドメーン家』より引用
  • ところで、女性にとって髪を剃るのは、覚悟のいることなのでしょうか。 麻生佳花『尼は笑う』より引用
  • 濃い髭が、剃ってから時間がたつためか、頬の半分を黒い影にしている。 富岡多恵子『白光』より引用
  • シートンが椅子に長くなると、奴隷は驚くほどの早さで剃ってくれた。 E・E・スミス/川口正吉訳『宇宙のスカイラーク』より引用
  • あれ、と思って携帯を見てみると、それは旅行用の小型ヒゲ剃りでした。 定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』より引用
  • 剃らない頭部を見て、彼の髪はたいへん薄いのだということを知った。 姫野カオルコ『不倫〈レンタル〉 処女三部作3』より引用
  • 六三郎は小作りの子供らしい男なので、十八の春に初めて前髪を剃った。 岡本綺堂『心中浪華の春雨』より引用
  • つまり、今まさに頭を剃ろうとしているときだったように思えるんだ。 田中啓文『私立伝奇学園高等学校民俗学研究会その3 天岩屋戸の研究』より引用
  • 江戸後期以降は眉を剃る、または抜いたあと眉を描かない場合が多い。
  • 崖の下の家に入った最初の午後以来、髭を剃っていなかったのである。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • 日野は、ひげを剃らなかったが、その言葉の影響か、風が少し出て来た。 西村京太郎『赤い帆船』より引用
  • 次へ »