刺青

全て 名詞
1,708 の用例 (0.01 秒)
  • どうせこんな刺青をしてる女ですもの、アメリカでなにをやってたやら。 横溝正史『毒の矢 v0.9』より引用
  • 中学をでてから社会で働いていた少年に刺青をしている者が多かった。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • 犬の刺青を見せられた彼は、目を丸くしながら看護婦に運ばれていった。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • 肩だしのシャツから露になった左腕うでにも似たような刺青がきぎまれていた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス04 コンフィデンシャル・コール』より引用
  • 刺青師が無分別の若者を扱うには、いつも此の手を用いるのだそうです。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • 張がさっき日本で刺青の勉強をしてきたといったのはうそではなかったらしい。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • これは当時使用されていた刺青顔料に金属が多く含まれているためである。
  • 顔は分かっても、刺青さえ分らなければ犯人は安全だという状況をである。 江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』より引用
  • あいつのために刺青をされた人間がどれだけいるか判りゃしないわよ。 織田作之助『夜光虫』より引用
  • その刺青を見るためには、眼の前にいる女を、裸にしなくてはならぬ。 吉行淳之介『美少女』より引用
  • 刺青を彫るなんて、あなたにとっては理解できないことかもしれません。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • 刺青師のチヤンはふと顔をあげると、ペンを持ったまま入り口を振り返った。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 女の肌のように白い背中には、一という字の刺青いれずみほどこされているのだ。 織田作之助『競馬』より引用
  • 京橋のわきの岸が刺青のような色をして居るようなことだけは感じて居る。 宮本百合子『芽生』より引用
  • 掛声なんぞは練習次第でどうにでもなるが、刺青の方はそうは行かない。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • 謙介は刺青を見せることで正美に自分の正体を悟らせたくなかったのだ。
  • 長い長い物語にもかかわらず、刺青された男は疲れも見せずに語りつづけた。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 顔面に刺青いれずみを入れた男が、強い決意をめた目でこちらに走ってくる。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • 雪は胸の刺青に注意を逸らさせて円記の術を破り、ついにこれを倒した。
  • 気風は荒っぽくて、中には背中一面に刺青をしたような荒くれ男もいた。 石川達三『心に残る人々』より引用
  • 次へ »