刺身

全て 名詞
1,845 の用例 (0.01 秒)
  • 日本の統治時代の影響で、生の魚を刺身で食べる食文化も一般的である。
  • 二人の男はしばらくじゃれ合った後、運ばれてきた刺身に手を伸ばした。 林真理子『野ばら』より引用
  • 非常に薄いふぐの刺身を引くためにこのような形状になったと考えられる。
  • ヒラメの刺身を頼んだはずなのに、俺にはどう見たってまぐろとしか思えん。 高橋克彦『幻少女』より引用
  • 鮭は刺身状のものでも焼き鮭をそぼろ状にしたものでもどちらでもよい。
  • うちでは食卓の上に刺身さしみだの吸い物だのが綺麗きれいに並んで二人を待っていた。 夏目漱石『行人』より引用
  • 新鮮なものは刺身でも食べられるが、傷みが早いので注意が必要である。
  • 夕食前にお風呂にも入り、私たちは刺身がいっぱいの晩御飯を食べた。 群ようこ『無印親子物語』より引用
  • ウナギを刺身では食べず、専ら蒲焼の形で食されるのはこのためである。
  • また、生でも血液を完全に抜いて酢で〆れば刺身で食べることもできる。
  • すばしッこいから、そばにあった刺身皿を取って、いきなり放りつけた。 今村信雄編『古典落語(下)』より引用
  • 刺身から緑色の反射光が見えることがあるのはこのためである。
  • 塔の裏通りにある日本料理店で刺身と焼き魚を食べてホテルに戻った。 阿刀田高『花惑い』より引用
  • 奴婢の一人に大きな器を二枚出すように命じ、作ったばかりの刺身を入れた。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 3 西戦の巻(下)』より引用
  • また近海で獲れた新鮮なものは刺身や洗いとして利用されることもある。
  • 頼んだ刺身が私達のあいだに置かれてみると二人だけの酒盛りの雰囲気ふんいきになった。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • 美希は刺身の大皿を抱えて歩きながら、しきりに下の県道を気にしていた。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 夢中でたべていた私がふと顔を上げると、お刺身がたったふた切れになっている。 森茉莉/早川暢子編『貧乏サヴァラン』より引用
  • その日以来、大浜は刺身包丁を買って、ひそかに犯行の準備をしていた。 大塚公子『57人の死刑囚』より引用
  • 毎晩五時頃になるとご用訊きに来て、刺身や叩きを作らせていたようです。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • 次へ »