券の取り扱い

27 の用例 (0.00 秒)
  • また8時00分から18時00分までは指定券の取り扱いもしている。
  • なお、指定券の取扱はしないが新幹線の自由席特急券の取り扱いは行っている。
  • 開設当初から小田急バスとの共同運行を行っており、共通定期券の取り扱いを行っている。
  • 新江62系統は4往復残存するが、共通定期券の取り扱いは行わない。
  • また、常磐線から連絡する他社線への連絡乗車券の取り扱いもない。
  • 中野駅 - 東中野二丁目間において宿05と共通定期券の取り扱いをしている。
  • 小田急バスと川崎市バスが交互で運転されるのが基本で、共通定期券の取り扱いもある。
  • ただし、共通定期券の取り扱いは行っていない。
  • しかし、前売券の取り扱いもあるため、完全な無人化は難しいのが課題となっている。
  • POS端末設置が設置され、指定券の取り扱いもしている。
  • また定期券の取り扱いも行わない。
  • 東十条四丁目 - 高円寺中学校で王78と並行し、共通定期券の取り扱いも存在する。
  • 中野駅 - 東中野二丁目間において渋64と共通定期券の取り扱いをしている。
  • 係員が配置されているが、乗車券の取り扱いは定期券と回数券のみで、普通乗車券の発売は行わない。
  • 和歌山市・和歌山港以外の駅はすべて無人化されていたため、無人駅が存在していた頃における運賃・乗車券の取り扱いは次の通りとなっていた。
  • 同年2月8日には著しい信用低下のために全国百貨店共通商品券発行会が丸正発行の全国百貨店共通商品券の取り扱いを停止する事態となった。
  • 一般貸切事業のほか、宿泊先手配・JR乗車券及び航空券の取り扱いも行っている。
  • なお、かつて神奈中バスに笹下車庫発着があった時代は共通定期券の取り扱いがあった。
  • 指定券の取り扱いも行う。
  • かつては神奈川中央交通との共同運行路線であり、共通定期券の取り扱いがあったが、2014年8月31日のダイヤ改正で共同運行は解消された。
  • 次へ »

券の取り扱い の使われ方