刷新運動

18 の用例 (0.00 秒)
  • 戦前の旧制高校・大学で起こった学風刷新運動の中から日本学生協会と精神科学研究所が誕生した。
  • 対抗宗教改革とは、16世紀のトリエント公会議を頂点としたカトリック教会内の改革刷新運動のこと。
  • この時期、エンメリックは、19世紀の初めに教会の刷新運動において重要な活躍をした多くの著名人と知り合っている。
  • このタイの反仏抵抗に対してフランスがとった政策は、ルアンパバーン王国の強化と文教政策、ラオス刷新運動であり、フランスのラオス植民地維持政策であった。
  • これに対し、「旧仏教」側も奈良時代に唐僧鑑真が日本に伝えた戒律の護持と普及に尽力する一方、社会事業に貢献するなど多方面での刷新運動を展開した。
  • 現代のキリスト教の分類からいえば、自由主義神学の歴史的影響を多分に受けたメインラインに属すると考えられるが、その傾向に反発する保守派の教会やグループ、教会派、カリスマ刷新運動の傾向をもつ教会やグループなども、教団には存在する。
  • これに対し、旧仏教側も奈良時代に鑑真が日本に伝えた戒律の復興に尽力するいっぽう、社会事業に貢献するなど多方面での刷新運動を展開した。
  • ルターと同じようにキリスト教の信仰の基準を「聖書のみ」と考えたツヴィングリは、キリスト教刷新運動に乗り出すが、それは単に宗教改革の枠を超えて社会変革を志向したものであった。
  • 彼らの一部は1923年に正教会の教会刷新運動()から自らの側に移行してきたサラトフ大主教ニコラを自らの指導者として認め、自らの聖職位階を持つこととなった。
  • ヒステリックで霊的な危険であるとみなされている一方で、一部のキリスト教指導者は北アメリカのキリスト教の刷新運動としてみなし、興奮している。
  • しかし、エキュメニズムにも強い関心を抱いていたコンガールは、その深い思索によって20世紀半ばのカトリック教会の刷新運動において重要な役割を果たすことになり、第2バチカン公会議において思想的主導者の立場を担った。
  • モンタノス派は消えても、以後のキリスト教の歴史の中に、モンタノスの唱えたような聖霊による刷新運動と「キリストの再臨が近い」という主張を行うグループは、形を変えながら繰り返しあらわれることになる。
  • 学生時代は、日本学生協会の活動家として「現行の高校、大学には「情意の枯渇」がはなはだしいと」難じ、その刷新運動に参加した。
  • シトー会やフランシスコ会・ドミニコ会などの修道院生活刷新運動の影響でクリュニー会は凋落をはじめ、フランス革命に際してクリュニー修道院が破壊されることとなった。
  • この間、丸山鶴吉の東京市政革新同盟常任幹事となり、疑獄事件で汚れた市政刷新運動を精力的に展開した。
  • しかし4年後の1994年、レウィテスは主流派のオルテガと対立するセルヒオ・ラミレスのサンディニスタ刷新運動に加わった。
  • その後、レウィテスはサンディニスタ刷新運動に加わり、2006年のニカラグア大統領選挙を目指した。
  • 市長就任時は、日露戦争後の経済不況下の上、1909年には北の大火、それに関連する市吏員の汚職発覚、市制刷新運動などが続き、1909年12月20日、引責辞任する。