刷新連盟

8 の用例 (0.00 秒)
  • 党風刷新連盟の結成で反池田に回った福田だったが、佐藤内閣で再び浮上した。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • 党風刷新連盟にはこれが如実に表れている。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • 福田赳夫が「党風刷新連盟」を結成するとこれに呼応し、大野派を離れ福田派幹部となる。
  • たとえば福田の不遇の時代だが、池田に政調会長のポストから外されてから、「党風刷新連盟」の結成に動いた。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • 福田や中曽根、そして自民党刷新連盟の幹部も衆議院第一議員会館の会議室に集結する中、衆議院本会議開催のベルが鳴らされた。
  • 非主流派の面々によって結成された自民党刷新連盟は、大平に「党の綱紀粛正、抜本改革」を求め、具体案を示せと迫る。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • その後内閣改造で同じ派閥の小坂善太郎外務大臣、荒木万寿夫文部大臣が留任したにも関わらず、小金だけが退任させられたことから領袖池田勇人との関係が悪化し、福田赳夫らの「党風刷新連盟」に移る。
  • 現職の吉江勝保の対抗馬を探し、民主党県議会議員の星野重次、社会党議員の丸山三郎、労働組合幹部の竹中英太郎らは天野に対して出馬を打診を受し、同年3月12日には県政刷新連盟が結成される。

刷新連盟 の使われ方