刷新案

7 の用例 (0.00 秒)
  • 中央委員会が主流派党員の妨害で中断されたことを受け、電子会議による中央委員会が13日から14日にかけて行われ、中央委員を対象にしたオンライン投票で姜基甲前民労党代表を委員長とする革新非常対策委員会の設置と党刷新案を賛成多数で通過させた。
  • また、労総中央委員会が決めた党刷新案が受け入れられなかったことを受け、進歩党支持を撤回する姿勢も示したが、5月17日の中央委員会で革新非常対策委員会による党刷新が実現するまでの間は支持を撤回する「条件付き支持撤回」を決定した。
  • 最初期案では地獄大使の後任にはショッカー第4の幹部「千面鬼」が予定されていたが、より大胆な番組内容刷新案が求められた結果、新組織「ブラック」の登場が企画されるようになった。
  • そして非常対策委員会の設置と党刷新案を討議するため12日に行われた中央委員会は、主流派の党員が非主流派の柳時敏や趙俊虎代表などに暴行を加え、会議を妨害する事態が発生したため中断される事態に陥った。
  • 理事会前に開かれた執行部会では、会長である上村春樹の「改革優先案」が第一副会長の藤田弘明と専務理事の小野沢弘史に支持されて、同じく副会長である佐藤宣践が提案した「執行部刷新案」は退けられる格好となった。
  • 事態の処理を任された後見役の村隆は岳父・村実の意見に従い人事刷新案に同意したが、奥山はこれに猛反発し、老中堀田正亮への直訴すら辞さない構えを見せた。
  • 同年4月22日、借名口座による1000億ウォン台の脱税疑惑に関するサムスングループに対する韓国特別検察官の捜査が終結したのを機に経営刷新案を発表、自らも辞任した。