刷新委員会

16 の用例 (0.00 秒)
  • 廃止に積極的に動いたのは教育刷新委員会副委員長の南原繁らである。
  • 教育刷新委員会等を通じて教育基本法制定に関与した。
  • このようにして学術体制刷新委員会は発足した。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • つづいて日本教育会の二度目の組織変えに対し、また教育刷新委員会のもくろんでいる保守的な教育者組織に対する反対のために二つの組合は共同声明を行った。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 世話人会は解散し、第一回学術体制刷新委員会が一九四七年八月首相官邸で開かれた。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • きわめて保守的な教育刷新委員会が出来たのもこの結果であるし、人文科学振興委員会が設けられたのもこの意味にほかならない。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 戦後、教育刷新委員会委員を経て、日本保育学会を創設した。
  • その後内閣総理大臣の管轄下に教育刷新委員会がおかれ旧法の内容が審議され、帝国議会で原案通り可決された。
  • そこで1945年10月に公民教育刷新委員会が結成されて、公民教育改革について論議されたが、1947年の学校教育法施行に伴って社会科に統合されて廃止された。
  • 昭和21年8月10日、教育刷新委員会官制に基づき設置された。
  • 文部省によって組織されている教育刷新委員会が四七年四月、議会に教員組合の団体協約を破棄しようとする建議を行ったことに対し、その点については利害を一にする二つの組合は文部省に対して共同声明を行った。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 第13回教育刷新委員会総会で、「教育の理念及び教育基本法に関する事」の建議を採択したが、これは教育基本法制定の必要性を決議したものと受けとめられた。
  • 案文はまず、47年2月28日の教育刷新委員会第25回総会で了承されたのち、3月4日に閣議決定を受けた。
  • また現行憲法に、ヴァイマル憲法で謳われた生存権規定を第25条として加えた以降、社会保険制度調査会、教育刷新委員会、給与審議会各委員を歴任した。
  • 文相退任後も、帝室博物館総長・国立博物館館長を務めるかたわら、教育刷新委員会委員長として学制改革や教育基本法制定など教育制度改革に尽力したほか、国語審議会会長として当用漢字表、現代かなづかいの制定を推進した。
  • 教育基本法は、教育改革を進めようとした政府が、1946年8月9日に「教育刷新委員会官制」を公布し、翌8月10日に「教育刷新委員会」を設置し、審議を重ねたものである。

刷新委員会 の使われ方