刷新会議の事業仕分け

8 の用例 (0.00 秒)
  • 日本では情報通信研究機構らが中心となって研究開発を進めているが、2010年4月に行われた行政刷新会議の事業仕分け第2弾ではこの「光ルータの研究開発」が議論の俎上に載せられ、一時仕分人から開発不要論が出たことで話題となった。
  • 同年11月、鳩山由紀夫内閣の下に設置された行政刷新会議の事業仕分け・第3ワーキンググループに参加した。
  • 木下は農林水産省勤務、佐賀市長、行政刷新会議の事業仕分け人の経歴を基にした実行力を宣伝したが、活動不足・知名度不足が響き落選となった。
  • 行政刷新会議の事業仕分けで、二度にわたり「廃止」と評価されたことにより、平成23年3月31日をもってサービスを終了した。
  • その後、鳩山由紀夫政権下で行われた政府の行政刷新会議の事業仕分け作業において、ロケット開発の今後が不明であるのにエンジン開発に予算を割く必要性に疑問が呈され、予算計上の見送り、開発続行の是非の再検討、またロケット開発の中止を求める見解を発表した。
  • 行政刷新会議の事業仕分け第3弾前半初日では、予算の執行率が低調などとして「見直し」と判定された。
  • 民主党政権樹立後、鳩山由紀夫内閣時には中期目標達成タスクフォース委員、および行政刷新会議の事業仕分け人に指名された。
  • 立法府である国会による事業仕分けであり、行政刷新会議の事業仕分けと異なり、与野党の代議士が委員として事業仕分けを行う。