刷新会議

57 の用例 (0.00 秒)
  • 進行方法は、行政刷新会議が行う事業仕分けと基本的に同じである。
  • 行政刷新会議や国家戦略室が、エネルギーに関する法制度・規制の改革を推進している。
  • 行政刷新会議が行った事業仕分けでは蓮舫らと共に中心メンバーの一人となる。
  • 内閣府内に諮問会議として置かれた行政刷新会議を担当し、副議長を務める。
  • 民主党政権では国家戦略室が設置されて、行政刷新会議による事業仕分けが実施された。
  • 脱官僚・政治主導を掲げ、国家戦略室と行政刷新会議を設置した。
  • 行政刷新会議の事務は内閣府設置法を根拠に内閣府が行うこととされ、2009年9月18日の会議設置にあわせて内閣府に事務局が設置された。
  • 鳩山由紀夫内閣の政策については、当時話題になっていた行政刷新会議による事業仕分けなどを批判した。
  • 行政刷新会議の規制・制度改革に関する分科会において、制定後20年を経過した規制・制度等に関して見直しを検討するよう要請があり、当制度についてもその対象となった。
  • こうした現状に対して政府の行政刷新会議は補助金が有効に活用されていないとの見解を示し、予算の削減を求めた。
  • 構成員は、行政刷新会議議長が指名する者とする。
  • その過程で各府省において、当該対象事業の中から公開プロセスに付することが必要と判断される事業案を選定し、行政刷新会議に報告する。
  • また、行政刷新会議の任務として、次の事項を定めた。
  • その後2012年12月の政権交代を経て、行政刷新会議は。
  • しかしこの多層構造が民主党政権の行政刷新会議で問題とされ、規制改革・制度改革によりNITEの関与はなくなった。
  • 行政刷新会議による「事業仕分け」の方針で、内閣府提供の政府広報番組の全てが2009年度で終了となった。
  • 外部有識者は、予算監視・効率化チームに参加する外部有識者及びこれと概ね同数の行政刷新会議の指名する者が参加する。
  • 新機軸として、国家戦略室、行政刷新会議を担当する国務大臣ポストが新設された。
  • 主査は、内閣府大臣政務官及び行政刷新会議議長が指名する者が務め、構成員は行政刷新会議議長が指名する者とする。
  • 日本では情報通信研究機構らが中心となって研究開発を進めているが、2010年4月に行われた行政刷新会議の事業仕分け第2弾ではこの「光ルータの研究開発」が議論の俎上に載せられ、一時仕分人から開発不要論が出たことで話題となった。
  • 次へ »

刷新会議 の使われ方