刷新を目指し

10 の用例 (0.00 秒)
  • 執政の座についた頼長は意欲に燃え、学術の再興、弛緩した政治の刷新を目指した。
  • ピアノ四重奏というそれほど一般的でない形態をフォーレが取り上げたのは、独自のものを作り出したいという思いと、室内楽ジャンルの刷新を目指してのことだったとされる。
  • 父と違って有能で、儒学を基礎とした積極的な藩政刷新を目指したが、父の時代にすでに藩財政は破綻していたため、宝暦3年に半知上納を行ない、宝暦9年に倹約令を出している。
  • 藩政刷新を目指して目安箱を設置しようとするなど、藩政改革に意欲を示していたが、久忠の後を追うように寛保3年10月30日に死去した。
  • 共産党公認の島津は浜岡原発の廃炉を前面に掲げ、県政刷新を目指したが同党支持層もまとめきれず及ばなかった。
  • 教会の浄化と刷新を目指してカトリック改革運動をもっとも強力に推し進めるイエズス会に育てられたジグムント3世は、スウェーデンをカトリックに戻すことを図った。
  • 先述のように御三家、御三卿を始めとする譜代派は田沼意次主導の政治体制、政策に強い不満を持っており、田沼意次の更迭に続いて自派の代表を幕閣に送り込み、政治体制と政策の刷新を目指した。
  • 共産党推薦の三輪は中学3年生までの医療費の窓口完全無料化や原発ゼロ、独自の奨学金制度の実施などを訴え、県政刷新を目指したが、支持が広がらず及ばなかった。
  • 松平定信擁立や幕政刷新を目指して御用御側取次などを通じた工作を進める一橋治済に対し、御三家側は不快感を見せるようになった。
  • 父と違って有能で、乱れた藩政を立て直すために綱紀粛正、質素倹約による財政再建、文武の奨励などを行なって藩政の刷新を目指した。