制止する間もなく

7 の用例 (0.00 秒)
  • 言うなり制止する間もなく、小柄な影は明治神宮方面の闇の中へと消えた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター10 エイリアン魔神国 上』より引用
  • 兄たちが制止する間もなく、勢いよく立ちあがった白竜王が抗議をはじめたのだ。 田中芳樹『創竜伝 第04巻』より引用
  • 誰かが制止する間もなく、薄暗い通路へと消えていく。 三雲岳斗『聖遺の天使』より引用
  • まるで邪魔が入ることをおびえるような素早さで短く持ち変え、そしてガッシュが制止する間もなく、一瞬に振り下ろす。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 美佐子が制止する間もなく、窓から首を突っ込むようにして、「あんた、うちの娘にちょっかい出すのはやめてくれんか」と怒鳴った。 内田康夫『斎王の葬列』より引用
  • わたしが制止する間もなく。 松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』より引用
  • 制止する間もなく、カドガ王子に駆け寄ると、おそれおおくも、その頭をはりとばす。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿08 水妖日にご用心』より引用