利害調整

73 の用例 (0.00 秒)
  • 人生は利害調整、つまり自分は出来るだけ得をしたい、ということだ。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • 関係は一定に安定させて長く持続させてこそ、そのなかでの利害調整は可能になっていく。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • 関係は一定に安定させて長く持続させてこそ、そのなかでの利害調整が可能になっていく。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • その内容は利害調整のための討論から、降伏勧告までさまざまである。
  • また連合国政府とノースカロライナ州との間の連絡役を務め、双方の利害調整を図った。
  • 一つは「実質的意義の会社法」で会社の利害関係者の利害調整を行う法のことを指す。
  • 利害調整の対人関係のなかでは、人は誰もが自分の都合や利害などの視点から話をする。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • この事件をきっかけに両者の合意による利害調整が図られたという意味でも画期的なものであった。
  • そのような母国語能力を自分たちは共有しているという認識の上で、ふたりの利害調整の対話は成立していく。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • このとき裏でどのような金の流れがあったか真相は明らかではないが、田中は岡田を通じて関係者の経済人にも会い、利害調整の過程で多額の金が動くことを知ったに違いない。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • 人生は会社の仕事をとおして発生してくるさまざまな対人関係の連続であり、連続するそのような関係を利害調整的にこなしていくことだ。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • 日本語世界での言語活動は、自分にとっての利害調整を中心にした対人関係という、現実的で具体的なものに常に則している。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • そうなればハーバーマスは公共性の本質である議会の機能も喪失し、議会は討論ではなく利害調整の場になると指摘する。
  • 日本語は利害調整のための言語だ。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • 一方海外においては、より大規模な問題になりうる上、国際河川にダムが建設される場合には、周辺諸国との利害調整が発生する事から対処を誤ると国際問題に発展するケースも考慮される。
  • そのため、政府内の会議というよりも、植民地統治における利害調整という色彩が強かった。
  • 財務会計の機能には、情報提供機能と利害調整機能がある。
  • 「実質的意義の会社法」が持つ特徴は、利害関係者の利害調整を主な目的として会社の組織・運営について定めたルールという点である。
  • このような人生のなかでの言語生活は、自分を中心にした利害調整の、微細な損得計算にかまける言語生活だ。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • 自分を基準にして人を常に上か下かへ区分けしたのちに持たれる関係というものは、その関係のなかで自分がどれだけ得をするか、あるいはどれだけ損を少なくするかを主たる命題とする、利害調整の関係だ。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • 次へ »

利害調整 の使われ方