利害対立

63 の用例 (0.00 秒)
  • そのため第三の要素として雌雄間の利害対立が設定される場合もある。
  • この双方の利害対立が、チトー大統領の死後大きく表面化することとなる。
  • 民族間の経済的な利害対立や言語や価値観の違いから、対立に至るということが多い。
  • すなわち権力と利害対立は政治学の中心的なテーマである。
  • 他にも自己欺瞞の進化の説明、ゲノム内の利害対立などの理論を提唱している。
  • ただし、諸集団の利害対立を調整する機能を持っている点において国家は他の社会集団に優越する。
  • 初めて二国間主義の拒否が行われたのは第一次世界大戦後すぐのことであり、多くの政治家が戦前の二国間条約による複雑な利害対立により戦争は不可避であったと結論付けた。
  • 最高法廷弁護士としての役職との利害対立がない場合には、個人的な仕事を行うことも許された。
  • この対策を施行するにあたり、各国の国民経済構造が異なるために国際社会において利害対立が起きた。
  • 他方で広域河川開発に伴う受益地同士による利害対立も顕在化した。
  • 第6条では、これが精神の問題と国家の問題の間での利害対立を生み出すので、教会の中で影響力を持つカトリックの上位聖職者が非宗教的な問題に関心があってはならないと述べている。
  • この結果はロシア人にとって不満なものであり、バルカン問題で利害対立するオーストリアそして会議を主催したドイツに対する遺恨が残されることになった。
  • また組織内の利害対立をそのまま放置したことは、のちの革命遂行に際して深刻な影を落とした。
  • このことが、「東方問題」の時期には、同地域に影響を拡大しようとしていたオーストリアとの利害対立を生じさせた。
  • それは企業や圧力団体、官僚などの集団間にみられる構造的利害対立や、官僚的決定の操作的な広報活動である。
  • 利害対立者の行動をテロリズム呼ばわりするというのは、単に言語上の修辞である可能性があり、その行動がテロリズムに分類されるべきものであるかどうかを決定するものではないということには注意する必要がある。
  • サラリーマンにはサラリーマン的嗅覚きゆうかくともいうべき感覚があって、利害対立関係にある人間の情報を動物的にぎ取ってしまうのである。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • そのような「観念的」装置体系のおかげで、近代と現代の国家は、内部の利害対立と闘争にかかわらず、ある程度まで安定性を確保できている。 今村仁司『増補 現代思想のキイ・ワード』より引用
  • 普通選挙によって農民や労働者にも選挙権が与えられると、彼らの階級を代表する政党が形成されるようになり、利害対立は一層激化して、やがてその中で社会的な不満を抱く層と結びついたファシズムが政権を掌握する隙間を生むことになった。
  • しかし領主間の利害対立も絡み別々の人物が名主等に任命されることが多く村政の混乱を招きがちであった。
  • 次へ »

利害対立 の使われ方