利害を調整

35 の用例 (0.00 秒)
  • イタリア各国の利害を調整する立場として大きな影響力を振るい、信頼を得ていた。
  • 政治機能による異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にし社会の組織化をする。
  • これを終結させるためには個々の人々が勝手に判断して行動することを規制して利害を調整することが必要であり、これを達成するための機能が政治である。
  • 「チベット族と漢族はどこでも仲が悪くてさ、利害を調整してやったことがあるんだ」姉妹は言った。 打海文三『裸者と裸者(下) 邪悪な許しがたい異端の』より引用
  • 現代社会では構成員の利害を調整することにより秩序を維持して生活を円滑に行えるように様々な制度が定められている。
  • 優れた政治・外交能力を持っており、イタリア各国の利害を調整する立場として大きな影響力を振るい、信頼を得ていた。
  • ヨーロッパでは会議外交によって各国の利害を調整するバランサーの役割を果たしつつ、ヨーロッパ諸国の自由主義化・ナショナリズム運動を支援する自由主義的外交を行った。
  • 社会に於ける制度は、構成者の持つ権益を守り、相互の利害を調整することを目的としている。
  • 利害を調整する機能を持つ場はなくなってしまい、現実的なおとしどころを探すことなどが極めて困難になる。
  • 利害を調整し、互いの共存をはかったほうがいいんだろうな。 石田衣良『骨音 池袋ウエストゲートパーク3』より引用
  • 諸将の利害を調整し、たくみに互いを牽制けんせいさせて、力の均衡の上に自らの地位を確立するつもりだったのである。 田中芳樹『五代群雄伝 茶王一代記』より引用
  • このようにしてラスキは社会の主要な部分に対して諸集団の利害を調整しながらも、諸個人の自由を保障しながら権力を可能な限り分散的に配置することで、社会善を実現する組織体としての国家の在り方を論じている。
  • 前方に展開する敵軍といかに戦うかというより、帝国軍内部の利害を調整し、彼自身の現在と将来を守るほうが、ミュッケンベルガー元帥にとっては、より重要であった。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 01 星を砕く者』より引用
  • 以後、帝国議会は統治機構としての権能を失い、諸侯の利害を調整するのみで、議決に強制力を持たなくなった。
  • 利害調整機能とは、私的な利害をめぐる対立を調整することであり、主に経営者と株主の間で発生する利害を調整するものである。
  • 自然の権利論者は、開発などをめぐる利害対立について、その利害を調整する機能を持つ場は、終局的には裁判所であるはずだという前提に立つ。
  • 経済発展にささえられ、ビスマルクは重化学工業と農業の利害を調整し、国家が化学をはじめとする自然科学や医学、軍事技術の開発を積極的に助成したので、ドイツの諸学問は当時の世界の最高水準に達した。
  • 気の遠くなる作業であるが、両社の利害を調整して、合弁工場の開所式で、再び巨人たちを握手させなければ、世界の自動車産業の流れは変わらない。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • しかし、民族的にも宗教的にもイデオロギー的にも多様なインドネシアで、各派の利害を調整することは難しく、議会制は機能しなかった。
  • だがこの頃から、大阪に進出してきた他の山口組系列化の団体と柳川組との間で紛争が起こり始め、各組の利害を調整するために山口組が南道会・藤村唯夫会長を大阪地区の総責任者とするまでに至る。
  • 次へ »

利害を調整 の使われ方