利害が相反

7 の用例 (0.00 秒)
  • 江戸を大洪水から守ってきたこの治水システムではあるが、上流側と下流側では利害が相反し大きな対立を招いていた。
  • また、利害が相反するため、建築物における衛生的環境の確保に関する法律に基づく登録営業所に置かれる建築物環境衛生総合管理業等の監督者等と兼務できない。
  • このため堤防を境として上流部の上郷地区、下流の下郷地区では堤防の運用について利害が相反し常に対立していた。
  • イタリア各国も利害が相反してしばしば対立して、一致して対抗することなくハプスブルク家あるいはヴァロワ家と結んだため、付け入る隙を与えることになった。
  • 別種間、特に利害が相反する捕食者と被食者が、コミュニケーションによってどのように利益を得ているかは激しい議論がある。
  • まだ年若い成氏は、鎌倉府再興のために運動した持氏旧臣や持氏方諸豪族、及び結果的には持氏を殺した上杉氏など、利害が相反する人々の間に置かれることになった。
  • ロイターは、東電の株主と経済産業大臣の立場は利害が相反するがい然性が高い、と指摘している。