利害

全て 名詞
3,671 の用例 (0.01 秒)
  • 現実の経済機構が人間の利害関係の組織であることは一つの事実である。 戸坂潤『科学論』より引用
  • 第一お前は事件の発見者というだけで、何の利害関係もないじゃないか。 半村良『不可触領域』より引用
  • 一緒に飲んでいるものが利害関係のないのも彼れには心置きがなかった。 有島武郎『カインの末裔』より引用
  • 金銭の利害が人を支配するということをあれだけテーマとしている彼が。 宮本百合子『バルザックについてのノート』より引用
  • 同時にこの点でだけはすこしあなたの利害とちがっていると苦笑するの。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 二つの動物の利害の世界は互いに切り合わない二つの層を形成している。 寺田寅彦『映画雑感(Ⅲ)』より引用
  • お互いの利害が対立していたわけですから、しかたのないことでしょう。 藤本ひとみ『華麗なるオデパン』より引用
  • 現実より理論が優先し、利害関係というものの存在を認めようとしない。 田中芳樹『タイタニア1 疾風篇』より引用
  • あの二人は古くからの友人だし、利害が一致する部分もありましたからね。 エディングス『エレニア記1 眠れる女王』より引用
  • 支配的な権力と人民との一致しまた相反する利害の関係も描かれていない。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 単にそれだけならば、Kと私との利害に何の衝突の起る訳はないのです。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 即ち家の周囲の土地については、家の所有主は各特別の利害関係を有する。 穂積陳重『法窓夜話』より引用
  • 報道者自身の個人的利害に直接立脚する特殊な報道は広告と呼ばれている。 戸坂潤『辞典』より引用
  • ある分野にひいでた者同士の持つ、利害をえた敬意が成立しているのだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集02 本気になれない二死満塁?』より引用
  • 無影が欲しいのは、目先の利害に目がくらむような連中の支持ではない。 井上祐美子『五王戦国志7 暁闇篇』より引用
  • 人類の共有すべき貴重な宝を、個人の利害に左右されない安全な住処すみかへ。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • 外交の面からいっても、十分局面を見て、利害を判断することはできる。 井上祐美子『五王戦国志6 風旗篇』より引用
  • 二人は人間として誰しも利害を感ずるこの問題についてしばらく話した。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • エイダの権利や利害が僕の場合に結びついて、離れなくなっているんだ。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(4)』より引用
  • 二人は利害の点で一致するし、最も親密でなければならない仲なのである。 笹沢左保『雪に花散る奥州路』より引用
  • 次へ »