利休

全て 名詞
1,457 の用例 (0.01 秒)
  • 秀吉は、信長の茶頭であった利休を、そのまま己れの茶頭として用いた。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • 利休は、秀吉が、諸将の接待の道具に自分を利用しているとは思わない。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • これは利休の意図というより屋根の勾配に制限されてのことと考えられる。
  • ところで秀吉と利休の会には、なんとなくすつきりしないものを感じる。 唐木順三『千利休』より引用
  • 利休が秀吉に間隔を置いて、どこかで傍観している理由はそこにあった。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • 利休は当時において言わず語らずの間に高慢税査定者とされたのである。 幸田露伴『骨董』より引用
  • 永徳も利休もまたゼミナリヨも地上天国構築のための一道具にすぎない。 唐木順三『千利休』より引用
  • これほどの利休が、なぜ死を命ぜられるほどに、秀吉の怒りにれたか。 海音寺潮五郎『新太閤記(四)』より引用
  • 利休の眼にも、今や秀吉が信長のあとつぎになりつつある有様が知れた。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • 命令者と服従者の関係であつて、決して秀吉対利休の如き関係ではない。 唐木順三『千利休』より引用
  • 書物の名は忘れたし、記憶も確かではないが、利休がいったことだったか。 服部真澄『清談 佛々堂先生』より引用
  • これでは、利休という大茶聖を知識として知ることさえ不可能である。 三浦綾子『銃口』より引用
  • 何とも知られざる者、といふなかには、利休の怪物性も含まれてゐよう。 唐木順三『千利休』より引用
  • 小婢こおんなの利休の音も、すぐ表ての四条通ではこんなふうには響かなかった。 梶井基次郎『ある心の風景』より引用
  • 利休は兵馬の世界、政治の世界とは別なところへ趣味の世界を立てた。 唐木順三『千利休』より引用
  • つまり三畳敷といふ狭さにしたことを利休の功に帰してゐるわけである。 唐木順三『千利休』より引用
  • 秀吉と利休との衝突もそこから当然に起きてきたものであつた。 唐木順三『千利休』より引用
  • 専門の茶湯者ではなく、いはゆる利休七哲のうちの一人とみてもよい。 唐木順三『千利休』より引用
  • 秀吉の度の過ぎた鍾愛しようあいに、何か利休に危なかしいものが感じられていた。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • すると、利休は勢い信長と秀吉とを比べないわけにはいかなかった。 井伏鱒二『小説日本芸譚』より引用
  • 次へ »

利休 で始まる単語