別所

全て 名詞
1,104 の用例 (0.03 秒)
  • それから二時間ばかりしてから、李と別所とは連れだって帰っていった。 豊島与志雄『浅間噴火口』より引用
  • 別所線・西丸子線の切符も販売し改札も独自のものを使うようになった。
  • ホームの別所方の端から坂が降りており、駅から外部へはこれを使う。
  • 別所氏攻めで功績を残して織田信長より脇差を与えられたとの記録が残る。
  • リバーブのかかり方や別所ののばし方止め方は日によって変わってくる。
  • 校区は別所小学校のみから来ているので、9年間同じ生徒と一緒である。
  • 当駅の東には別所沼公園があり、駅北側には桜区との境界線が走っている。
  • 岡山県道325号別所下長田線は岡山県真庭市内を通る一般県道である。
  • 多くの名投手・大投手と同じように別所も走り込みを大切にするようになった。
  • 私が自分を病気ではないかと思うのも、別所のことからの類推かも知れない。 豊島与志雄『聖女人像』より引用
  • 志賀寺の聖の方はよくわからないが、別所に隠遁いんとんする聖であったのだろう。 田中貴子『悪女伝説の秘密』より引用
  • 同校は「別所学校」が一部を加え107年ぶりに復活したものといえる。
  • 別所氏は播州の東部八郡を領有して、播州ではずばぬけた大族であった。 海音寺潮五郎『新太閤記(三)』より引用
  • 重源は、この地にも別所を建立してこれを経営の拠点とし、活動を開始した。
  • ここは当国の守護大名であった赤松氏の庶流別所べつしよ氏の本城のある地であった。 海音寺潮五郎『新太閤記(三)』より引用
  • 川上、牧野と別所のあいだには考え方の違いがあるのは明らかだった。 山際淳司『男たちのゲームセット』より引用
  • そして、別所と別所の間に往来があるのは、どんな意味を持つのだろうか。 益田勝実『火山列島の思想』より引用
  • 織田信長が上洛してくるとそれに通じて弟の別所重棟を派遣、三好氏と戦った。
  • このため多くの兵糧を必要とし、別所氏にとってはこれが重要な課題となる。
  • 聖たちは、寺院から離れて別所と呼ばれる場所に集住し、活動の拠点としていた。
  • 次へ »