別居

全て 名詞
1,519 の用例 (0.01 秒)
  • そういえば別居して以後、妻の家にほとんど足を運んだことがなかった。 長嶋有『パラレル』より引用
  • この結婚はうまく行かず、事実上の別居状態が長い間続くことになった。
  • そういう事情でも、実家では別居にあまりいい顔をされなかったそうだ。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』より引用
  • が、女房はなにか感付いたようで、それから間もなく私たちは別居した。 高橋克彦『幻少女』より引用
  • 四歳の頃に実家に戻されるが、既に父親は家を出て母親と別居していた。 永沢光雄『AV女優(上)』より引用
  • 母も、怖らくそんな父が嫌で別居しているのだろうと葉介は考えていた。 原田宗典『屑籠一杯の剃刀 自選恐怖小説集』より引用
  • ある日彼の別居中の妻の服を着た見知らぬ女を上がり込ますことになる。
  • 別居の件はどうなったのか、あなたはついに教えてくれませんでした。 藤堂志津子『藤堂志津子 恋愛傑作選』より引用
  • 別居であれば、生活が落ち着くまでは、二度も三度も行かねばならない。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • 公爵夫妻は同居しているとは言えず、家庭内別居のような生活を続けた。
  • こうして別居するまで僕はずっと彼女の言葉や態度に脅えて暮らしてきた。 尾崎豊『普通の愛』より引用
  • 別居の際の条件でダイアナは王子二人と隔週の週末に会うようになった。
  • 別居中の夫の方から電話がかかることは、これまでほとんどなかった。 森瑤子『風物語』より引用
  • どちらかが別居を提案したこともあったし、離婚を口にしたこともあった。 小川洋子『やさしい訴え』より引用
  • 馬の、と言うより、別居中の彼の妻の計画と言った方がいいかもしれない。 安部公房『密会』より引用
  • しかし、9月に祖母が死に、1909年には別居していた姉も死亡した。
  • 別居同然でも夫がちゃんといると、あまり無茶なことはできないものよ。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • たとえ、別居したとしても、彼がパリに住むわけにはいかなかっただろう。 藤田宜永『標的の向こう側』より引用
  • この事件の結果、夫婦は以後約10年ほどに渡って別居することになった。
  • しかし、多くの州は最近正式な離婚判決の前に別居期間を求めてきた。
  • 次へ »