別れる

全て 動詞
4,331 の用例 (0.01 秒)
  • 彼らは彼のすぐ頭の上で別れると、大きな音を立てながら歩いていった。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『15 スラッシュ株式会社』より引用
  • もうこうなっては敵も味方も無事に別れることの出来ない破目になった。 岡本綺堂『番町皿屋敷』より引用
  • 結局これは別れるより仕方がないという悲しい結論に達したのであった。 巖谷大四『懐しき文士たち 戦後篇』より引用
  • 町の入口で男に別れると、体中を冷たい風が吹き荒れるような気がした。 林芙美子『新版 放浪記』より引用
  • 事情は一応聞くだろうけれど、いつだって別れる覚悟くらい持っている。 阿刀田高『空想列車(上)』より引用
  • のみならず彼がまた昔その女と別れる時余計な事を饒舌しゃべっているんです。 夏目漱石『行人』より引用
  • 行きたくないものは、ここで名をいってもらって、別れることにしよう。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(六)』より引用
  • だから私は心の中で今日はお姉様とも別れるのだと思っていたのよ。 国枝史郎『レモンの花の咲く丘へ』より引用
  • だが無事デートが終って別れるとき、彼女はぼくにこういったのである。 東海林さだお『ショージ君の青春記』より引用
  • 口では何だかんだと言っても、いつかはあたしと別れるつもりなんだわ。 デュマ・フィス/石川登志夫訳『椿姫』より引用
  • 僕は今の女房と別れる気もないし、君と結婚けっこんすることもできないんだ。 赤川次郎『泥棒物語』より引用
  • よく考えてみると、先生は出て行けとは言っても別れろとは言っていない。 半村良『平家伝説』より引用
  • 別れればすぐ忘れてくれる女でも、別れるまでは思うようにはいかない。 中場利一『さあ、きょうからマジメになるぞ!』より引用
  • いつだったか、別れると決まった女を車で駅まで送ったことがあった。 森博嗣『少し変わった子あります』より引用
  • 三年で専門コースに別れるところで彼は第一志望の建築科へ進めなかった。 山際淳司『Give up オフコース・ストーリー』より引用
  • タクシーで会社に戻るという安達と、ホテルの玄関で別れることにした。 重松清『カカシの夏休み』より引用
  • 新橋駅で別れるときも、自分をみるあの男の眼附きは確かに変っていた。 橋本五郎『殺人迷路』より引用
  • どういう理由かは知らねえが、今になって別れるなんて言いだしやがって。 酒見賢一『聖母の部隊』より引用
  • すぐ別れるのがやだから、あたしは「待って」って言ってるのだろうか? 橋本治『帰って来た桃尻娘(桃尻娘3)』より引用
  • そうなった時は、もう彼女と別れるの外はないと胸の底まで感じていました。 豊島与志雄『野ざらし』より引用
  • 次へ »