別に

全て 副詞
31,846 の例文 (0.02 秒)
  • かれの最初の言葉は別に私に力をつけてくれるようなものでもなかった。 ...
  • その日は別に何でもなかった人が、何でもないままに東京に戻って来た。 ...
  • 別に一冊となして大方に示さんとの望みは著者はじめよりこれを有せず。 ...
  • が、別に何事もなかったものと見え、車はまた静かに進行を続け始めた。 ...
  • 布団が入っている押入れとは別に、部屋にはもうひとつ押入れがあった。 ...
  • ここへ来てからも別に気にも止めなかったが、今夜はふと思い出した。 ...
  • 自分で努力し研究するひとなら、なにも別に学校へ行かなくともよい。 ...
  • 何でも心のままになる自由な宇宙を 別に新しくつくり出したろうに。 ...
  • 半七はそこらを隈なく見まわしたが、別に眼につくような物もなかった。 ...
  • 八橋は彼を好ましい客とも思わなかったが、別に疎略にも扱わなかった。 ...
  • その二人の青年は違うということは別に観察力がなくてもわかる。 ...
  • 別にこの間の印象が特に悪かつたといふやうなことはないんです。 ...
  • 村長は別に高い教育を受けてはゐなかつたが、単に詩人だつたのである。 ...
  • ところが、これとは別に次のような発見が一八二四年に公表された。
  • それで別にどういうことをするという考えがあるのでもなかった。 ...
  • しかしをとこころさずとも、をんなうばこと出來できれば、べつ不足ふそくはないわけです。 ...
  • 君には、年の若さということゝは別に、君自身の世界というものはない。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:別に