判決

全て 名詞
12,582 の用例 (0.02 秒)
  • あとは一ヶ月後に定められた判決の日を待つばかりとなったのである。 笹倉明『遠い国からの殺人者』より引用
  • 宇都宮連隊長は三十七名全員に判決命令がだされたことを意外に思った。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 結局、女性会員全員一致で、あれは困った人ですと判決を下したわけだ。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅡ』より引用
  • 一人として彼がそんな判決に相当する罪を犯したと信じる者はなかった。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • 判決の日が決まってから一日一日の時間がたつのが遅くて仕方ありません。 読売新聞大阪社会部『逆転無罪 少年はなぜ罪に陥れられたか』より引用
  • 慎介はすでに死刑の判決をうけ、その執行の日も間近に迫っているのだ。 横溝正史『花髑髏』より引用
  • それは、どのような裁判だったか、そして、その判決はどうであったか。 井上ひさし『ブンとフン』より引用
  • そしてこれを基礎とした判決は明らかに事実の誤認によるものである。 松本清張『火と汐』より引用
  • もちろん死刑判決がおりたところで何の埋め合わせにもならないわけだが。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 世論の判決を、それが自分に向かって下されるときでさえ承認していた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 最高裁の判決は、殆ど第一審の判決をそのまま通過させたと云ってよい。 松本清張『日本の黒い霧(下)』より引用
  • 控訴審の判決は、それからさらに五年後の五十七年六月二十八日に出た。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • 傍聴席の被害者の親族関係者の間に判決を非難するざわめきが起こった。 笹倉明『遠い国からの殺人者』より引用
  • さらに最高裁で死刑判決が出されたのは一九八九年の一一月二〇日である。 大塚公子『57人の死刑囚』より引用
  • その日の夕刊には、私の写真入りでこの判決のことが報道されていた。 松本清張『火と汐』より引用
  • ぼくはこれまで三回逮捕されたことがあり、二度有罪の判決を受けている。 ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • 現在、これらの人々の多くは、既に裁判による無罪の判決を受けている。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • ここに於て四十二名の判官は別室に退いて、一つの判決文を作りました。 夢野久作『鼻の表現』より引用
  • 私は信頼しきって、解放と生命とを待つように自分の判決を待った。 ユゴー・ヴィクトル『死刑囚最後の日』より引用
  • われわれの尊敬すべき前衛には判決せられるような真実の罪はどこにもない。 宮本百合子『同志たちは無罪なのです』より引用
  • 次へ »