判事

全て 名詞
10,093 の用例 (0.03 秒)
  • そしてそんなものはピンチョン判事を満足させるしろものではなかった! ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用
  • この判事に説明するだけの、理解させようとするだけの値打があるのか? シムノン/長島良三訳『メグレと口の固い証人たち』より引用
  • そして今、判事はメグレが黙っていたことに注目したにちがいなかった。 シムノン/榊原晃三訳『メグレの途中下車』より引用
  • 私は判事さんにこの地方の犯罪の種類について二つ三つ話を聞いた。 水野葉舟『帰途』より引用
  • 判事のような老人は若いものよりもかえって生命に執着を持っている。 クリスティ/清水俊二訳『そして誰もいなくなった』より引用
  • 何ぜ被告がさう云ふことを自分から云ひ出すのかよく判事には分らなかつた。 横光利一『マルクスの審判』より引用
  • 判事はこの進歩していく世界のなかで、変わらない階級の人間のままなのだ。 シムノン/長島良三訳『メグレの打明け話』より引用
  • 私が判事から電話を受けたのは、そう前のことではありませんから。 シムノン/長島良三訳『メグレと老外交官の死』より引用
  • 国民にその価値観を押しつけるのが、最高裁判事の仕事ではありません。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • というよりもむしろ、大部分は判事と弁護士との懇談のようなものだった。 大杉栄『日本脱出記』より引用
  • サッチャー判事の一家が、前の晩に町へ帰ってきたというのであった。 トウェイン/鈴木幸夫訳『トム・ソーヤーの冒険』より引用
  • アームストロング医師は他のものを制して、判事のそばへ歩いていった。 クリスティ/清水俊二訳『そして誰もいなくなった』より引用
  • まさか判事の頭がこれほどまでに頑迷だとは思わなかったのである。 ルブラン/保篠龍緒訳『813(下)(ルパン・シリーズ)』より引用
  • 殊に判事が力を入れてきいて居るところは、清三夫妻が瀕死の一言です。 浜尾四郎『彼が殺したか』より引用
  • お父は自分は今までいつも誤解されてきたと言い、判事はそう思うと言った。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • 気短かな身振りで、判事は時計の問題をそのままにして、質問を続けた。 クリスティ/松本恵子訳『ゴルフ場殺人事件』より引用
  • 判事の家にたどりついたとき、まだしばらく言葉をかわす時間があった。 シムノン/榊原晃三訳『メグレの途中下車』より引用
  • わたしはあなたのいとこにあたる判事さまと、十分前に出会いましたよ。 ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用
  • 判事夫人は彼の腹のところに目を止めていたが、気づいて言った。 室生犀星『性に眼覚める頃』より引用
  • それでは予審判事さんの云っているような一方的の証明にはならない。 海野十三『不思議なる空間断層』より引用
  • 次へ »