初頭以来

28 の用例 (0.00 秒)
  • これらは1900年代初頭以来、NKPにとって初めて黒以外の塗色の機関車であった。
  • 職業教育は1980年代初頭以来、その研究分野であったが、既に1960年代後半から1970年代前半にかけて、より集中的かつ体系的な研究の傾向を示していた。
  • 同作の音楽を手掛ける大野雄二は、1970年代初頭以来長年に渡る共同作業者のひとりである。
  • ブダとペシュトはドナウ川を挟んで発展した町で、それらを結ぶ橋を建設しようという試みは15世紀初頭以来、何度も見られたが、いずれも成功しなかった。
  • イワブクロ属は北米土着の花の中では最も魅力的な品種の一つであったが、ヨーロッパでは一層盛んに栽培され、19世紀初頭以来、数百もの品種が開発された。
  • 日本では、8世紀初頭以来、律令に基づいた土地支配・租税収取が政府によって行われてきた。
  • エルガーの偉業に対する見方は、彼の音楽が名声を獲得した20世紀の初頭以来の数十年で変遷を遂げてきた。
  • 薩摩は一六世紀初頭以来、ヤマトから琉球に渡航する商船を自己の統制下におこうとしてきた。 村井章介『海から見た戦国日本 ―列島史から世界史へ』より引用
  • 川崎燎の父の川崎寅雄は海外生活が大半で、昭和初頭以来外交官として働き、当時英語の第一人者でもあった。
  • また、成立時より東ローマ帝国と接してきたオスマン帝国は教会をモスクに転用した例こそあれども、東ローマ帝国臣民を強制的にムスリム化させたという証拠は見られず、むしろ、15世紀初頭以来残されている資料から東ローマ帝国臣民をそのまま支配下に組み込んだことが知られている。
  • 貿易のための国際組織が存在しないため、各国は1950年代初頭以来、貿易に関する唯一の既存多国間国際組織たる「GATT 1947」によって、貿易関連諸問題を処理するようになった。
  • 大型バスは20世紀初頭以来、トラックの派生ともいうべきボンネット型が主流で、一部にエンジン上まで客室として利用したキャブオーバー型もあったものの、主流とは言えなかった。
  • 了解という語は、19世紀初頭以来のドイツにおいて、精神科学一般の自己反省や意義をめぐる議論のなかで、歴史や文化形象に向かう人間の基本的なあり方を表すものとして、哲学的概念に高められた。
  • また、20世紀初頭以来、アイルランド系アメリカ人はボストンの政治において大きな役割を果たしてきた。
  • 康熙60年には、グシ・ハン一族にハン位継承候補者を選出するよう求めたが、グシ・ハン一族は18世紀初頭以来、内紛の極みに達しており、一族とチベットの有力者が一致して支持しうる候補者を選出することができなかった。
  • オスマン帝国は、17世紀の初頭以来君主の国政に対する実権が縮小し、16世紀から急速に進んだ軍事技術・制度の発展など様々な時代の変化の中で君主の専制と中央集権に支えられた軍事的優位が弛緩しつつあった。
  • 中華人民共和国は、20世紀初頭以来、チベットの独立と国際的な国家承認をもとめて活動していたガンデンポタンを1951年に屈服させてチベットの全域を支配下においた。
  • ネーデルラント連邦共和国は17世紀初頭以来東インドを侵略してポルトガルから香料貿易を奪い、オランダ海上帝国を築いて、黄金時代を迎えた。
  • 爛熟したヴァイマル文化の残る1930年代初頭以来、この高級娼館を経営していた女主人は、1882年生まれのキティ・シュミットという人物であった。
  • また、1960年代初頭以来大手民鉄の運賃制度にはレートベース方式が採用され、将来の事業資産増加を収益率に織り込む形で投資的経費を賄うこととなっていた。
  • 次へ »

初頭以来 の使われ方