初頭の日本

33 の用例 (0.00 秒)
  • 明治初頭の日本を舞台に、時代から取り残された侍達の生き様を描く。
  • 基本的に21世紀初頭の日本とほぼ同じ世界観である。
  • だが1950年代初頭の日本では、鉄道用ディーゼルエンジン技術が十分な発達を見ていなかった。
  • しかし明治初頭の日本では、この知識は舶来された文明開化の医学知識として受け取られた。
  • 作中の日本での通貨単位は円であり、物価は現実世界での21世紀初頭の日本と同じくらいである。
  • 朝刊には、見たくもないような不景気な話題が満載されていて、それもまた二十一世紀初頭の日本における他愛ない日常の一ページだった。 中井拓志『アリス Alice in the right hemisphere』より引用
  • 文化や技術レベルは21世紀初頭の日本に近く、ヘリコプターが使われ、携帯電話を使用している姿があり、共通通貨は円である。
  • 主に1980年代から1990年代初頭の日本のアニメーション作品の主題歌をカバーしている。
  • その定義が非常に広範であることから、2000年代初頭の日本で発売されているリキュールにはEU諸国の基準を満たすものが7種だけしかないとする文献もある。
  • なめ猫とは1980年代初頭の日本で短期間流行した、暴走族風の身なりをした猫のキャラクター企画である。
  • このような変遷の結果、21世紀初頭の日本では、単なる整理目的の簡便なものから、結婚記念や子供の誕生記念などを目的とした豪華な装飾のある貼り付けタイプまで、各種目的に応じて様々なタイプのアルバムが販売されている。
  • 香港乗り入れも、1942年初頭の日本軍による香港占領によって実現されることとなる。
  • だが、21世紀初頭の日本においても、名付ける者が名付ける対象に特別な読みを与えることで特別な意味を見い出そうとして名付けたと解釈する限りでの難読名などに見られるように、名に特別な意味を与えようとする思いは、散見されるものである。
  • 柔道・剣道・空手道等と並び、21世紀初頭の日本において代表的な武道の一つである。
  • 永井荷風は、フランス文学の流れにたち、一九〇〇年代初頭の日本の半封建的な社会的空気に反撥しつつ、彼の抗議をデカダンスと孤独の中にとかしこんでしまった老作家である。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 日本の展望車との違いは、21世紀初頭の日本の寝台特急に於けるロビーカーと同様、展望室が乗車した各等旅客のフリースペースとなっていた事である。
  • 非日常的な場所でのロケを多用し、「近未来」や「無国籍」を演出していた前2作品と比べると、生活感のある場所での映像が多く、放映年代と同じ1970年代初頭の日本が意識されている。
  • 西谷教授によると、六世紀初頭の日本は、高句麗と敵対していた朝鮮半島南部の百済と同盟関係にあり、従来の学説では高句麗文化の移入はなかった、とされていた。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 11 肥前・肥後・日向・薩摩ほか』より引用
  • 連載開始時にあたる1980年代初頭の日本サッカー界は、サッカー日本代表がFIFAワールドカップ予選やオリンピック予選での早期敗退が続き、日本サッカーリーグの人気が低迷するなど、いわゆる「冬の時代」と呼ばれる時期だった。
  • 比較的低価格で軽快なスポーティーカーとして1960年代末から1970年代初頭の日本でも人気があり、西欧自動車・西武自動車販売・ロイヤル・モータースによって輸入された。
  • 次へ »

初頭の日本 の使われ方