初頭の土器

6 の用例 (0.00 秒)
  • 称名寺式とは、関東地方の縄文時代後期初頭の土器型式名である。
  • 古典期終末期から後古典期初頭の土器は、低地マヤのものに、北部ユカタン由来のソトゥタ相のものとケフペッチ相のものが共伴している。
  • 土器の文様のうち、一部のものが九州の縄文時代前期から中期の初頭の土器、例えば曽畑式などと酷似していることで知られる。
  • 土器では、下位の貝層から中期中頃、上位の貝層から中期後半、最上位貝層から後期初頭の土器片が石器とともにわずかに出土しただけで、魚の骨や獣骨は見つかっていない。
  • 縄文時代の遺跡では、町域東部にあたる貢川右岸の自然堤防上に位置する沖田遺跡があり、縄文前期末から中期初頭の土器破片が出土している。
  • 真土大塚山古墳から、弥生時代末~古墳時代初頭の土器片と、京都の椿井大塚山古墳のものと同じ鋳型の三角縁神獣鏡が出土している。