初頭のドイツ

27 の用例 (0.00 秒)
  • 村は16世紀初頭のドイツ農民戦争で農民側につき、厳しく罰せられた。
  • 特に1900年代初頭のドイツにおいて、盛んに採用された。
  • ヴィークは19世紀初頭のドイツ語圏で最も重要な音楽教育者のひとりであり、最も成功した弟子は娘のクララである。
  • ゲルマン騎士団は20世紀初頭のドイツ国の秘密結社である。
  • この話は19世紀初頭のドイツにおけるの慣習に依っており、非常に血生臭い。
  • ディルタイ系の精神科学的な教育学者たちの中心的な存在で、20世紀初頭のドイツの改革教育運動の理論的リーダーでもあった。
  • またセンターバックだけでなく守備的MFとしてもプレーするなど守備の中心選手として活躍をみせ、1960年代後半から1970年代初頭のドイツサッカー界においてトップクラスのディフェンダーとしての評価を得た。
  • 歴史法学とは、19世紀初頭のドイツを中心に起こった歴史主義を採る歴史法学派と彼らによる、法の歴史的研究を重要視する法学を指す。
  • ドイツにコンチェルタート様式がもたらされたのは、ほとんどヴィアダーナを通じてであり、17世紀初頭のドイツでその様式は、熱心に展開されることとなったのである。
  • ナザレ派は、19世紀初頭のドイツロマン派の画家たちによる、キリスト教美術の誠実性と精神性を取り戻そうとする芸術運動である。
  • 第1次マズール湖の戦いによってロシア第1軍はプロイセンから撤退し、開戦初頭のドイツの危機は間一髪の所で回避される事になった。
  • 同種の称号は19世紀のハンガリーで、また20世紀の初頭のドイツ帝国、イギリスでも使われた。
  • 中国からヨーロッパに磁器がもたらされたのは16世紀ごろで、ヨーロッパで自家生産できるようになるには18世紀初頭のドイツ、マイセンの開業まで待たなければならなかった。
  • なお世界の窒素肥料の原料はその後チリ硝石、さらには20世紀初頭のドイツにおいて開発された化学的窒素固定へと変遷する。
  • 今日、「歴史主義」と呼ばれている思想的立場は19世紀初頭のドイツから始まったとされているが、20世紀になってから、エルンスト・トレルチ、フリードリヒ・マイネッケの著書によって広く知られるようになった概念である。
  • 薔薇十字運動というのは、ワールブルク派の女流歴史家フランセス・イエイツによれば、一七世紀初頭のドイツに起こった「世界全体の全面的な改革の夢」にほかならなかった。 小岸昭『スペインを追われたユダヤ人 ―マラーノの足跡を訪ねて』より引用
  • その流れは20世紀初頭のドイツ、オーストリアにおいて感情の激しい表現や鋭敏な社会的意識を特徴とするドイツ表現主義に受け継がれ、表現主義の画家たちは、ゴッホや、フェルディナント・ホドラー、エドヴァルド・ムンクなどの世紀末芸術の画家に傾倒した。
  • 法学は、18世紀初頭のドイツの作曲家の卵に人気のあった学問分野で、クーナウ、グラウプナー、テレマンなども弁護士資格を取得している。
  • ザザキ語のラテン文字表記は、1980年代初頭のドイツ、フランス、スウェーデンにおける多少の努力の後、国外居住者の間で有名になった。
  • 現在見ることのできる科学的な地理学の源流は19世紀初頭のドイツでおこり、アレクサンダー・フォン・フンボルトとカール・リッターの二人の名に代表され、彼らは「近代地理学の父」と称えられている。
  • 次へ »

初頭のドイツ の使われ方